山田朱織枕研究所

コラム詳細

朝から頭痛?枕の見直しが必須です

あなたの頭痛の原因は、適切でない枕によるものかもしれません


整形外科枕をオーダーメイドで作製したお客様935人のうち、411人(43.9%)が頭痛を訴えていました。枕と頭痛の関係について考えるために、まず正しい頭痛の知識をお伝えします。

頭痛と片頭痛の知識・違いについて


日本の頭痛人口は約3000万人ともいわれます。よく「私は片頭痛もちだ」と自覚がある方が多く、まるで頭痛の代名詞のように使われる片頭痛ですが、頻度から言うと頭痛全体の約28%なのです。頭痛=片頭痛ではない、まずこれを認識して下さい。

片頭痛を訴える方の10人中8人は女性です。これは女性ホルモンの関係で起こるためと推測されています。そして、片頭痛の特徴はズキンズキンと脈打つような頭痛が頭の片側もしくは両側に起こる前に、眼前にちらちら光が見えたり(前兆といいます)、音・光・臭いに敏感になるといった症状が先行します。

自分が片頭痛もちと思っている方でも、前兆を感じたことがない方も少なくありません。実際のところ、前兆がある片頭痛を訴えてお薬の治療が必要になる方の何倍もの人が、“自称片頭痛もち”なのです。

頭痛の原因は、筋肉の緊張や肩こりに伴うものの頻度が最も多い


頭痛の原因としては、緊張型頭痛つまり筋肉の緊張や肩こりに伴う頭痛は73.3%と圧倒的に多いのです。

脳腫瘍やくも膜下出血という怖い病気で起こる症候性頭痛も、わずかに年間3万人の発生で、頻度でいえば、それほど多くはありません。

もちろんひどい頭痛が生じたら、まず脳外科に駆け込むのべきです。頻度は低くても、致命傷にもなりうる一番恐ろしい頭痛は脳の病気だからです。また頭痛専門医といわれるのは、脳外科医や神経内科医が多く、まず頭痛を診断してもらうには、そのような診療科の受診が適切です。

脳外科で診察結果が問題ないと言われても症状がある場合


しかし、ここで問題が1つだけあります。

脳外科で診察を受けた結果、症状があるのに「何でもないです。心配ありません。」と言われる、ということがあります。ここでの「何でもない」は、「全て(の診療科)で問題がない」を意味しない場合もあります。「何でもない」=「自分の診療科の病気ではない」という医師が少なくありません。

本来であれば、「脳外科の領域としては問題ないので、次は整形外科を診察してみてください。」などというアドバイスがあるべきですが、日本の医療の普遍的な問題点である各科縦割り医療がまだまだ根強く残っている場合があります。

もし、脳腫瘍、脳血管障害、片頭痛、群発頭痛、その他を否定されても、やっぱり頭痛があるようなら、頭痛頻度の最も高い筋緊張型頭痛の治療をするために整形外科の戸を叩いて下さい。

筋緊張型頭痛の原因と適切な枕

頭痛の頻度の最も多い筋緊張型頭痛の日常生活上の3大原因ともいわれるのが、無理な姿勢(長時間のうつむき姿勢、パソコンに向う姿勢など)、眼の酷使、合わない枕です。

無理な姿勢と目の酷使による緊張型頭痛への影響


肩こりから後頚部の筋緊張が続くと、頭痛は後頭部から頭全体に広がり、やがて眉頭から眼の奥が痛くなり、次第に頭皮や顔面もしびれる感じがすることがあります。これは大後頭神経痛が後頚部の緊張した筋肉にはさまれて炎症を起こしたためです。大後頭神経とは、頭の付け根から出て頭の表面を這うように前頭部に向います。

ちょうど髪の毛の生えぎわあたりで、顔面に行く三叉神経の第1枝とリンクします。そのために顔面のしびれや眼の奥の痛みを生じるわけです。ひどくなると神経ブロック療法など注射を施行しますが、まず大切なのは筋緊張を起こさない工夫です。

この症状は、パソコンに長時間向う仕事の方、美容師、歯科衛生士、エステティシャンなどうつむきの同一姿勢で長時間仕事をする方に多く見られます。

1~2時間ぶっつづけに働いて15分休憩するより、20分に1回3分でも頭を持ち上げて首を起こしてください。その方が大後頭神経を圧迫する首の筋肉をゆるめるには、ずっーと有効です。できれば適切な枕を準備して昼寝をすることをおすすめしたいです。

合わない枕による緊張型頭痛への影響


もし、起き上がって30分もしないうちに頭痛が解消または軽くなるとしたら、合わない枕が原因の可能性大です。

朝、目が覚めてすぐに頭が痛いのは異常な事態です。約4~6Kgの頭の重みが首にかからない睡眠中は、一番首が休まり、後頚部の筋緊張が取れているはずなのです。それなのに、筋緊張型頭痛が起こるのは、不適切な寝姿勢=不適切な枕が多分に影響と考えられるのです。

朝から頭痛の皆さん、こう考えて下さい。「あなたの首は、合わない枕で寝るほうが、起きて頭の重みがかかるよりも辛いと訴えていると!」枕という睡眠に必要な物理的条件をまず整えましょう。

抜き差しならない激痛の頭痛を除けば、頭痛外来にかかるのも、薬局に頭痛薬を買いに行くのもそれからでも遅くはないはずです。それほど、不適切な枕による頭痛の訴えは多く、裏返せば枕を調節して頭痛が解消する方も多いといえるのです。

整形外科枕のご案内


これらの研究の際に正しい枕として認定されたオーダーメイド枕の整形外科枕をぜひご確認ください。

整形外科枕 商品概要