コラム詳細

突然の背中・肩甲骨の痛みの原因は首!?部位別症状と原因を解説

16号整形外科院長であり山田朱織枕研究所代表の山田朱織(やまだしゅおり)が解説します。

背中 肩甲骨の痛みは首が原因かも

今回は、ある日突然出現したあなたの背中の痛み肩甲骨の周囲の痛みについてお話をしたいと思います。

実はこれは背中が原因なのではなくて首が原因かもしれないんです。これを枕で解決しましょうというお話です。

山田:今日はどうされましたか?

モデル:背中が痛いんです。昨日ぶつけたわけでもないのに何でしょうか。

山田:昨日強い何か運動したとか、重労働したわけでもないのに背中が痛くなってしまったんですか?

モデル:はい。そうなんです。

山田:背中ちょっと見せてくださいね。どの辺りが痛いんですか?

モデル:この辺りが痛みます。


山田:肩甲骨の内側ですね。

モデル:はい。

山田:いつも左が痛いんですか?

モデル:片側の時もあれば両側の時もあります。


片側の時もあれば両側痛い時もあるそうです。

皆さん、このように背中が痛いなと思われるとき決して少なくはないと思うんですね。

背中は痛いけど首は痛くない。でも、これは首が原因のこともあるんです。

そのメカニズムについてお話をしていきたいと思います。


山田:その前にいいですか?こうやって押すと痛いですか?

モデル:痛いです。

山田:痛いですね。


実際にこのように肩甲骨の周りを押すと痛い

でも、このモデルさんの首を触ってみると

山田:これどうですか?

モデル:すごく痛いです。


すごく痛いとおっしゃっています。実は自覚症状が首になくても、肩甲骨に強い痛みを感じる場合は原因が首であることが少なくないんです。

なぜなら首にはこのようにたくさんの神経が出ています。モデルさんで見れば横から見るとこんな感じ。


正面から見るとこのようになっていて右と左、本管の太い神経からたくさんの枝が出て、その枝の一部分が実はこの背中に回ってきているんです。

他の動画でご説明をしましたが、この首の神経にはそれぞれ番号が付いています。

2番、3番、4番、5番、6番、7番、8番、番号の通りにそれぞれ神経を司る場所が違うんです。


何番の神経がやられると、どこが痛いかが決まっている

ではその説明をしたいと思います。

東北中央病院の院長先生であり整形外科医である田中靖久先生は、この首に関して長い間研究をされてきた専門家でいらっしゃいます。

先生の研究によるとこの首の手術をした患者さん、手術前にあった症状と手術後に改善した症状、

何番の首の手術するとどの部位が楽になったかということを一つずつ丁寧に見られて、どの神経がどこを司っているかということを解明されました。

首に番号が付いているという話で特に5番、6番、7番、8番、この神経については背中のこちらの部位を司っているんですね。

5番神経がやられれば5番。6番神経がやられれば6番。7番神経、8番神経がやられれば肩甲骨の背骨のすぐ脇。そして、さらに広範囲に8番の司っている場所。

このように綺麗にどの番号の首の神経がやられると、どこが痛くなるかということが概ね決まっているんです。  


ですので、背中が痛い。いつまで経っても背中の痛みが取れないと思う方は、背中の治療ではなくて首そのものの治療をしないと良くならないということを覚えておいてください。


レントゲンで解説

一つ患者様の例をご紹介します。こちらをご覧ください。

これは70代の女性の横向きのレントゲンです。


頚椎の5番、6番、7番、8番が分かりますね。ここはこの患者様の一番痛い部位なんです。

頚椎の4番と5番、5番と6番の間の椎間板が潰れて首が変形しているのがわかります。

潰れた頚椎椎間板の上と下には骨にトゲができてしまって神経を圧迫するため、先ほど説明した肩甲骨周囲に痛みを抱いて来院しました。

全身のレントゲン写真を見てみると、沢山の骨が背骨が潰れてしまって姿勢が悪くなっているのがわかります。


首の神経を積極的に回復させることが必要

起きている時の姿勢を良くすることも重要ですが、寝ている時の姿勢を良くすることも同じかそれ以上に重要なことです。
人間の首は寝ているときにだけ重力から解放されます。睡眠時間は、神経を休ませることができるチャンスタイムなのです。
寝ている時は無意識のうちに悪い寝姿勢をとってしまうことがあります。悪い寝姿勢によって、首の神経が痛みつけられ、朝から症状が出てしまうということがあります。
逆に首の神経によい姿勢で寝ていれば、朝起きた時に神経が回復できて朝から症状が発症しないばかりではなく、十分な回復によって、日中も症状がでないということもあるのです。
寝ている時の姿勢は寝具環境で決まります。寝具環境を整えて夜間6~8時間寝ている間に首の神経をぜひ積極的に回復させましょう。

寝姿勢が悪くなってしまうので適切な枕が重要

首の神経にとって良い枕は、適切に整えなければなりません。枕の調節がとても重要になるんです。この患者様も枕を調節して毎晩眠るようになってから、背中の痛みがほぼ消失し改善しました。

さて、今回の説明でいかに首の傷害が上背部、背中の上のほうに障害を生じるかということがわかっていただけたかと思います。

もしあなたが自分で背中が痛いなぁと思って長く悩んでいるとすれば、それは必ず整形外科医に受診してこの背中の部位が痛いということを訴えてください。


尚且つもし首から肩腕の方まで症状があるとか、肩こりや首が痛いということも一緒にあれば一緒に説明を加えてください。

あなたの背中、特に上背部といって上の方の背中の痛みの原因がもし首の病気、首の症状であれば適切な枕を使うことで非常に良くなる可能性があります。

ぜひ皆さんも今晩から試してみてください。


ドクター考案の『整形外科枕』による症状の改善

山田朱織枕研究所では整形外科枕という、睡眠姿勢によるさまざまな症状の改善を目的としたオーダーメイド枕を提供しています。

整形外科枕は16号整形外科の山田朱織医師監修のもと、開発されました。

背中、特に上背部といって上の方の背中の痛みの原因がもし首の病気、首の症状であれば適切な枕を使うことで非常に良くなる可能性があります。

ご自身の体に合わせて高さ調節可能

整形外科枕
ドクターズピローを購入する


本コラムの内容は動画でもお話しています▼


YouTubeのチャンネル登録で最新情報をお届けします!

おすすめ関連コラム