コラム詳細

巻き肩を直すいい寝方や枕はありますか?

こんな質問いただくことがあります。私は肩が前に出てる内巻き肩なので、これを伸ばすために横向きに寝た時に高い枕を使いたいというご質問です。


決して肩が内巻きなのは寝る時に枕が低いからなるわけではないです。起きている時間にこそ、肩甲骨を寄せる体操、胸を開く体操、良い姿勢を心掛けていただくことこそが内巻き方を治す方法です。

寝た時に肩が前に出て内巻きになるのはこれは自然現象です。

逆にそれが伸びるようにと高い高い枕を使っていくことは別の場所に対して負担をかけます。別の場所とは首とその神経のことです。実際に見てみましょう。


今モデルさんに適切な高さの枕を使っていただいています。では横向きをしてみてください。


横を向いた時には自然と肩は前に出ます。

皆さんはこのような姿勢で寝ると内巻き肩になってしまうのではないかと考えて、例えば高さを足してみますね。


高さを足すことによってこのように内巻きにならないように高い枕を使えばいいのではないかと考えているのではないでしょうか。

これは首にかける負担を大きくしてしまうんです。枕の高さがどんどん高くなることによって首の神経が圧迫されてしまう。


こんなことが起こったら本末転倒です。ですので肩は自然と横を向いた時には、肩甲骨が回旋することによって少し前に出る。これは内巻き肩ではありません。


ですので心配せずに適切な高さで使ってください。

それよりも内巻き方を治すためには日中のエクササイズがとても重要ですのでこれに励んでください。


今年も山田朱織枕研究所のYouTubeチャンネルをたくさんご覧頂き誠に有難うございました。

2020年は全世界が新型コロナウイルス感染症に見舞われ、未曾有の大変な時代となってしまいました。

でも、私たちはますます皆様に良い睡眠姿勢で熟睡していただき、ますます健康になっていただきたいと心から願っています。

私たちも頑張りますので皆さん是非これからも応援してください。



おすすめ関連コラム:横向きで寝ると腕がしびれるのはどうして?


 他にも「快適な睡眠の雑学」をご用意しております。ぜひご覧ください。


整形外科枕のご案内

山田朱織枕研究所が開発した、オーダーメイド枕の整形外科枕をぜひご検討ください。

整形外科枕 商品概要