コラム詳細

あなたの肩の痛み、四十肩・五十肩だと思っていませんか?首が原因の肩痛の可能性~枕で解決しましょう!

肩の痛みは首が原因の可能性もある

今回はあなたの肩の痛み四十肩や五十肩だと思っていませんか?実は首が原因の肩の可能性もあるんです。これを枕で解決しましょうというお話です。

当院には多くの患者様が肩が突然上がらなくなったとか、洋服の脱ぎ着が大変になった、ちょっと手を伸ばす時に痛くて肩関節が動かない辛いんですと言ってお越しになる患者様が毎日毎日たくさんいます。

本当にこの方々は四十肩五十肩何でしょうか。あまりにも四十肩五十肩という名前が有名になり一人歩きしているように思うんです。

でも、その中には肩が原因でないこともあるんです。どうぞお願いします。

山田:今日はどうされましたか?

モデル:僕はまだ30代なんですけど、急に肩が上がらなくなって辛くなりました。これはよく聞く四十肩五十肩なんでしょうか?30代でもなるんですか?

山田:じゃあ、細かいところを教えてくださいね。いつどんな時にどの場所がどういうふうに痛いのかを聞いていきましょう。どこが痛いですか?

モデル:左肩が痛いです。

山田:はい。どのあたりですかね。

モデル:この辺りが痛みます。


山田:いつ痛いですか?

モデル:重い物を持ったり、長い時間腕を上げて作業をしているとすごく痛みます。

山田:どんな痛みかたですか?じくじく痛い、チクチク痛い、ビリビリ痛い、どんな感じでしょう?

モデル:肩から腕、手先までも痛みやしびれが出たりします。


山田:こちらにも来るわけですか?そうなると肩関節だけではないということですね。わかりました。夜痛みどうですか?

モデル:夜寝ていてもを痛むことがあります。寝返りをしていると痛みます。

山田:寝返りの時に痛いわけですね。

モデル:はい。

山田:例えば、痛い左側が下になったときなど痛みが出ますか?

モデル:痛みがある側が下になると特に痛みます。

山田:特に痛みが出る。では、お風呂に入った時、入浴で温まった時はいいかがですか?

モデル:入浴後は不思議と痛みはないです。

山田:肩も上がるんですか?

モデル:肩も楽に上がります。

山田:楽に上がるようになる。お風呂に入るまでは痛いなぁ辛いなぁと思ってても、温まってお風呂から出た頃にはもう万歳ができるように上がるわけですか?

モデル:万歳もできちゃいます。

山田:わかりました。それは実は肩関節の問題ではない可能性が十分あります。


首からこの部分を実は肩甲部と呼びます。肩甲部は肩関節ではなくて首からの神経が司っている部位なんです。

肩甲部、腕、そして肘から腕の前の方から手先までここまでもし痛みや辛さが広がっているとすれば、それは単なる四十肩五十肩ではなく、頚椎症と言って首からくる神経の問題である可能性が高いんです。

モデル:なぜ先生は僕が四十肩五十肩じゃないと予測されたのでしょうか?

山田:先ほど入浴後には痛みが遠のいて楽に肩が上がる、万歳ができるって仰ったじゃないですか。そこでわかったんです。

四十肩五十肩で動きが制限された方はそんな容易には上がらないんですね。

もし、温めたり少し動かしたりした後、らくらく上がるのであればどちらかというと首からの神経、肩こりの延長である可能性が強いです。

では、ちょっと症状を見せていただきます。診察してみますね。

まず動きを見ます。肩に関しては前にどれだけ動くかというのが重要です。

少し痛いかもしれないけど十分動いていますね。これを挙上と言います。


そして正面を見ていただいて真横に上げる。これを外転と言います。


最後にちょっと痛みがあるとおっしゃっていますが最後の最後までフルに動いていますよね。このように十分動けば四十肩五十肩ではない可能性も強いです。

後ろに手を回してみましょう。綺麗に上がりますが最後にちょっと痛いその程度です。


洋服を脱いでみてください。洋服を脱ぐことも十分できています強い痛みを伴っている様子はありません。

後ろで紐を結ぶような女性でしたらエプロンの紐を結ぶとか、スカートのホックをするという後ろの結体動作、または洋服を脱いだり着たりこういう脱ぎ着も特に痛みを伴わなくできるとすれば、これは四十肩五十肩ではない可能性があるのです。


でも、これから必ずいつか40代50代を迎えますので、いまのうちに四十肩五十肩について知っておくのは有益かと思いますのでご説明をいたします。

こちらに肩関節の構造を書きました。解剖ですね。肩を正面から見たときの図です。


モデルもありますが肩甲骨という骨、腕の骨、上腕骨、上には鎖骨とやはり肩甲骨の裏側があります。

そしてその周りには筋肉や腱板と言って筋、こういったものが関節の周りを取り囲んでいます。

骨の構造を動かすためにはこの靭帯や筋肉が必要です。

肩の特殊な構造として中身を見てみると、ここに袋があるんですね。ヨーヨーのような袋の中に水が溜まっています。

大きくは2つに分かれていて肩峰下滑液包という袋と、肩関節包という袋があってこの中に水が入っていて柔軟に肩を動かすことができるわけです。

しかし、年齢とともに老化が始まり肩の中に容易に炎症が起こると、痛みや腫れや熱感熱い感じを伴ってきます。

そして、適切な治療をしないで固まってしまうことを拘縮といいますが、そうなると肩を自力では持ち上げられなくなって非常に日常生活でも機能的な障害が起こってきます。

ここで治療を開始すればまだしも、そのままほったらかすとなんと凍結肩、冷蔵庫に入れた肩のようにガッチガチになってしまって、もはや日常生活も大変困難になるわけです。


ここまで行かないように適切に四十肩五十肩であることを診断し、整形外科で治療することがなによりも早く治り、痛い思いをしないためには重要なことなんです。

先ほど夜間に痛みがあるとおっしゃっていました。実際に寝てみて確認してみましょう。

まずは柔らかい枕で寝ていただきました。上向きに寝ています。

山田:どうですか?

モデル:寝ただけでも肩から痛みやしびれが出てきます。


寝ただけでも首肩から手まで痛みと同時に痺れも起こるとおっしゃっています。横向きになってみてください。

この方が痛いとおっしゃってる左の肩を下にして寝てみると

山田:いかがですか?

モデル:寝返りを打つともっと痛みが出ます。

柔らかい枕ではぐーんと首肩が下がることによって、ものすごく圧迫を肩に与えてしまうんですね。

これによって肩自体も潰されて痛みが出るし、首の姿勢も悪くなるので首からの神経症状としての肩痛も起こってくるわけです。


では、枕を変えてみましょう。体格に合った適切な枕を行うと

山田:上向きでどうですか?先ほど上向きになった途端に首から肩手が辛かったんですけれどもいかがですか?

モデル:さっきよりも首肩は楽です。

山田:しびれはないですか?

モデル:しびれも出てないです。


山田:横向きもしてみましょう。

モデル:寝返りも楽にできます。

山田:横向きになった時の肩はどうですか?

モデル:さっきよりも肩も横向きは楽になりました。

このように適切な高さの枕を使うことで肩の圧迫が取れて四十肩五十肩も楽になりますし、首から神経症状が出ている方は横向きで首の姿勢が良くなるために首の症状も取れるわけですね。


ワンポイントアドバイスとしては、肩の肩関節周囲炎、四十肩五十肩のある方は是非ちょっとだけ、5mmだけより枕を高くしてみると

山田:いかがですか?

モデル:もっと楽になりました。

このように炎症が強い時期、痛みの強い時期にはわずか5ミリぐらいは高くしてみても構いません。

また症状が取れたら5mmを引いて適切な高さに戻してみてください。


山田:今日は四十肩五十肩そして首からくる肩痛についてお話をしてきました。わかっていただけましたかね。

モデル:僕は四十肩五十肩だと思ってましたけど違ったんですね。

山田:あなたの症状は首の神経からくる神経の障害としての肩の痛みだったわけですね。

適切な枕を使うことで首からの神経障害の方も夜間痛みを伴う四十肩、五十肩、肩関節周囲炎の方にも有効な治療となります。

是非、今晩から適切な枕を試してみてください。 

本コラムの内容は動画でもお話しています▼


YouTubeのチャンネル登録で最新情報をお届けします!

おすすめ関連コラム

 四十肩・五十肩と枕の関係はあるの?

 肩の痛みは枕で改善されますか?

 横向きで寝ると腕がしびれる、寝て起きたら腕が痛いのはどうして?

 6割から7割の方が枕で治療して肩こりが解消しています

 実はあなたも肩こり?肩こりセルフチェック!

お体格に合わせたオーダーメイド枕「整形外科枕」のご紹介


 「快適な睡眠の雑学」