コラム詳細

オーダーメイド枕として一番重要なこと・期待できる効果とは?

オーダーメイド枕で改善できることは何ですか?

色々な症状が改善しますが、特に顕著なのは朝起きた時の肩こり・頭痛・めまい・手のしびれ、そしていびき・不眠このような症状です。

もちろん、それらの病気には症状にはいろいろな原因が考えられますので全てが枕で改善するわけではありませんが、オーダーメイド枕一人一人の体に適切に合わせた枕を使うことによって、

睡眠が良くなるだけでもこれらの症状が改善する例を私たちはたくさん体験してきました。


オーダーメイド枕だったらなんでもいいんですか?

最近はオーダーメイド枕を好みで選ぶものがたくさん散見されます。

肌触りがいいとか、感触がいいとか、素材が好きだとか、こういったことで選ぶオーダーメイド枕は適切ではありません。

医学的に検証された科学的根拠に基づいた枕、これがオーダーメイド枕の条件として重要だと考えています。

なぜ感触で選んでいけないかというと、例えばこの柔らかさとか肌触りが気持ちいいというのは寝付くまでの間に感じることですよね。

つまり、それは覚醒状態で感じていることです。

でも実際に寝てからの6時間7時間という時間は、意識がなくて実際にご自分の頭で考えることはできないわけですから、本当に体に合っているか体が喜ぶような条件かどうかということが大事になってくるわけです。

そのポイントを計測しオーダーメイドしないと適切な枕とは言えないと思います。


オーダーメイド枕の効果として当研究所で自信を持って言えるのは、これまで2003年に山田朱織研究所を設立してから約18年間長い間、患者様お客様の計測したデータやその後の使用状況を長くずーっと観察してきて、それを科学的に検証しているからです。

枕は買って終わり作って終わりではありません。

長く使いながらユーザーの方の体格の変化・加齢変化も見ながら適宜調節し適切な枕を提供し続ける中で得たデータ、その解析によってより良い枕の使用についてご提案ができるわけです。

このような実績こそが私たちの枕が信頼して安心して使っていただける根拠となっています。


枕の効果があった印象的な患者様

私がとても印象に残っている方、実は60歳代の男性の方なんですね。

この方は壁に大きな壁画を書くような方だったんですが、当院にお越しになったときにその最も辛い主訴と言って症状は朝起きたときから体がだるい、もう朝起きた途端に肩こりがしてとても1日だるくてつらいということをお話しになられていました。

ご家族からは、朝起きてもダラダラしていて朝食も食べない、新聞も読まない、仕事も開始できない、お仕事は自宅でされていたんですがそのアトリエの方でもなかなか仕事に着手できないというような悩みを持っていられました。

私はその患者様を診察し治療として施したのは唯一一つ、適切な枕を使っていただくことでした。

この枕を使っていただいて驚くことにとても短期間、確か2~3週間だったと思いますが、朝からの肩こりそして憂鬱な気分、これが解消したんです。

ご家族は朝からアトリエで絵を書いている姿に驚かれたといいます。

本人は朝からおいしく朝食が食べれて、朝刊を読む気になった、新聞が読めるということを大変喜んでいたのを今でもよく思い出します。

ともすると軽いうつ症状かと思われていたような症状が、実は枕が合っていないことによって適切な睡眠が取れないために起こっていた症状だったということには私も患者様も一緒に驚いたんです。


このような患者様は決して一人ではありません。何十人、何百人、何千人、今では6万人以上の患者様を診た実績がありますが、このような一例一例を丁寧に積み上げていくと決して一人ではなく多くの方に共通する症状が見えてきました。

肩こりというのは大変憂鬱な症状です。

長年慢性的にこの症状を持っていると、自律神経が調子が悪くなって単に首肩が痛いだけではなく、様々な全身の不具合、動悸、めまい、腰痛、全身あちこちの痛みや苦しいなどいろいろな症状が出てくるんですね。

このような自律神経症状も含めて、枕というのは効果が期待できるということが分かりましたので、そのような方々にもぜひ適切な枕を使っていただきたいと考えています。


オーダーメイド枕として一番何が重要か

一口にオーダーメイド枕といっても様々な形・高さ・素材があると思うんですが、一番重要なことは今のような条件のなかで何を優先順位にするかということが重要です。

例えばこの枕ひとつを取っても素材、柔らかさ、そして高さ、パーツによっても部分によっても違いますし、形・状形色々なことが条件として挙げられますよね。

そのあれもこれも重要と考えずに最も大切なことは何かと考えたときに、私はこの高さが最も重要なことだということを優先順位第一に考えます。

この高さこそが一人一人の体に合っていることが重要で、それが決まるとその高さを維持するためにはこういう素材、適度な硬さの素材でなければいけないということもわかってくるわけです。

形も何か小さいものが粒が入っているようなものでは形が容易に変わってしまうですので、一定の高さを維持するためには中に入っている素材の形なども決まってきます。

例えば私たちが使っているこういうシート状のものというのは適切な形のものだと考えます。


今日はオーダーメイド枕に期待できる効果ということでお話をしてきました。

是非これからはオーダーメイドの枕を作ろう選ぼうと思った時に、何を基準にするかということを覚えておいて適切な自分にとってぴったり合った枕を作成したり選ぶようにしてください。

是非気を付けてやってみてください。


  適切な枕とはお身体に合わせた高さに調節できることが重要です。

ネットで買えるご自身で高さ調節をする
整形外科枕ドクターズピローはこちらから

痛みや疾患について医師の診察を受けたい方

16号整形外科・
枕外来の診察予約フォーム

枕についてのご相談、体に合った枕の計測をご希望の方

枕診断士へのお問い合わせフォーム

本コラムの内容は動画でもお話しています▼


YouTubeのチャンネル登録で最新情報をお届けします!

おすすめ関連コラム

好みで選んではいけないとはどういうこと?枕に必要な条件とは、、、?▼

 好みで枕を選んでいませんか?オーダーメイド枕で失敗しないコツ


いきなりオーダーメイドはなぁ、、、と思っている方、まずは手作り枕で試してみては?▼

 自宅でできる手作り玄関マット枕


オーダーメイド枕の計測ってどんな感じ?枕計測の様子▼

 山田朱織枕研究所でオーダーメイド枕を作りませんか?対面枕計測の体験レポート


 「快適な睡眠の雑学」