コラム詳細

パートナーと一緒に寝ることの問題点・解決方法をお話しします

16号整形外科院長であり山田朱織枕研究所代表の山田朱織(やまだしゅおり)が解説します。

パートナーと一緒に寝るとよくない原因と工夫

今回は「パートナーと一緒に寝てもいいんですか?」というよくいただく質問について回答していきたいと思います。

以前にもペットや子供さんと一緒に寝るという質問を多くいただくとお話をしましたが、やはり恋人・ご夫婦で一緒に寝るというのもよくある機会だと思います。

スキンシップは大事だと思うかもしれませんが、これも実は問題があるんです。


一緒に寝ると寝返りが打ちづらくなる


本格的に眠る時というのは人間は生理現象として寝返りを打たなきゃいけないんです。

この寝返りを打つ時にパートナーが近くにいると、体が当たってしまって打てなかったり、もしくは潜在的に隣に人がいるので当たらないようにしようと思って、そちらに大きな寝返りを打つのやめてしまうということが起こるわけです。

特に体の大きなパートナーだったりするとなおさらその傾向は大きいです。


同じマットレスで一緒に寝ることの問題点


同じ一つのマットレスでお二人が寝るとすると問題が2つあります。

一つはベッドの硬さです。敷物の適した硬さも寝る人の体格によって違ってきます。

もう一つが片方の人が寝返りを打ったり体を動かした振動がパートナーに伝わってしまうということです。

これらのことを加味してもやはりパートナーと一緒に寝るというのは多々問題があるわけです。

でも、どうしても一緒に寝たいという方もいらっしゃいますので、今回は百歩譲って少し工夫して一瞬に寝る方法を考えてみたいと思います。


寝返りを打つときに必要な幅


今回は大きな抱き枕をベッドパートナーと見立ててやってみましょう。

人間が寝返りを打つ際に必要な幅はできれば90㎝です。それが無理でもせめて70㎝幅は欲しいところです。

これは人間の肩幅からしても寝返りを打つときにはどうしても70㎝幅は必要だからです。

シングルサイズでパートナーと寝ているとします。


寝返りをしてみるとこれだけの幅では容易にマットレスから落ちかけてしまいます。


パートナーの側に寝返りを打つと体がぶつかってしまうなので十分な寝返りはやはり打てません。

当たってしまうことでパートナーの方も覚醒してしまうかもしれません。

いずれにしても十分な寝返りが打てないということが起こってしまうわけです。

ですのでどうしても一緒に眠りたいという方はダブルもしくはクイーンやキングサイズといった大きな幅のベッドを使ってください。

そういった大きな幅のベッドで一人一人は70~90㎝程度の幅を持てるような睡眠環境を整えて頂ければと思います。


寝返りがしづらくなったり、時にはバンっと体が当たってしまったりして熟睡できないことで喧嘩になるなんてこともあるかもしれないので、是非とも一人一人の体格分の幅を確保して十分な寝返りを打って良い睡眠をとってください。


寝返りを打ちやすくするためにはまず枕が合っていること

十分な幅が確保できていたとしても、そもそもの枕が合っていなければスムーズな寝返りは打てません。

一人一人の体に合わせて睡眠姿勢を整えることが寝返りのためにはまず大事なことです。

適切に体に合った正しい枕とは・・・

体格に合った高さ

それぞれの体格に高さを合わせて首の姿勢よくし、体の軸を整えることがまず重要です。


適度な硬さ

高さを維持できる適度な硬さも大事です。柔らかいと首が安定しないので寝返りがしづらくなってしまいます。


平らな形

丸い頭が転がりやすいように平らな形も重要です。凹凸があると頭がはまったようになり、坂を上るように力が必要になるので寝返りがしづらくなります。


これらの条件を満たした枕を使うことが重要です。


山田朱織枕研究所の整形外科枕は、すべての条件を満たした枕

完全オーダーメイドで自身の首の高さに合わせられる


山田朱織枕研究所の枕は正しい枕の条件を満たすようにできています。

ご自身だけでは正しい枕の高さを算出することが難しい!ということもありますので、完全オーダーメイドの「整形外科枕」をご用意しております。

計測では仰向き・横向き・寝返りの3方向での高さを確認し、その中で1番より高さの枕を決定します。

高さや硬さが調整可能で、形は平らになっています。硬さに関しては基本的には一般的な枕に比べて少し硬めにはできていますが、こちらも変更可能です。

オーダーメイド枕ですので、作成した後もお電話やメール、来所での調整が可能な枕となっています。

整形外科枕は本店の神奈川県相模原市にある山田朱織枕研究所にお越しいただくか、

その支店である渋谷店こちらに来ていただければ専門の枕診断士が対面でお客様の寝姿勢を見ながら枕の高さを測り、様々な寝具に関するアドバイスをすることができます。


整形外科枕ドクターズピローならオンラインで購入可能


しかし、遠方だとなかなか新幹線で来るのも大変だと思います。

またお体の具合が悪くてなかなか足を運べないというような何かの自己事情で来所をすることができない方。

そのような方にこの整形外科枕と同じ考え方の新商品「整形外科枕ドクターズピロー」が誕生しました。

このドクターズピローと従来の整形外科枕との一番の大きな違いは枕診断士というプロフェッショナルが対面でお客様の体格や寝姿を見ながら枕を測るのに対して、

ドクターズビローはインターネットで購入していただいてご自分で高さ調節を行うという違いです。

枕カバーであるとか他の違いもありますが一番大きな違いはその計測の仕方です。

でもなかなか自分で測るといっても難しそうという印象をお持ちになるかと思います。

自分でうまく合わせられるか心配という方も簡単に高さが分かるシステムを開発しました。


自動計測システムと言ってwebサイトの中でご身長体重いろいろな条件を入れていただくと適切な高さが算出できます。

これまで6万人以上のお客様に枕を計測したこの経験を元に作ったシステムです。

そこからの微調節であれば比較的簡単にやることができますのでそれを利用をしてみたらいかがでしょうか。

まずはご自身で高さ調節可能なドクターズピローがおすすめです。

ぜひ自分に合った枕の条件を整えてぐっすりと良い睡眠をとっていただきたいと思います。


ご自身の体に合わせて高さ調節可能

整形外科枕
ドクターズピローを購入する


本コラムの内容は動画でもお話ししています▼


YouTubeのチャンネル登録で最新情報をお届けします!

おすすめ関連コラム

 寝返りを打つことの重要性|3つの役割について解説します


 寝返りスペースの確保を、「添い寝」がダメな理由


 大人も子供も寝相が悪いのは枕が原因?





アクセスランキング

1.ある日突然出現した背中の痛み・肩甲骨の痛み。首が原因の背部痛かも知れません


2.朝から頭痛? 寝起きで頭痛、枕の見直しをオススメする理由



3.横向きで寝ると腕がしびれる、寝て起きたら腕が痛いのはどうして?


4.ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因や対処方法・腰を安静にさせる寝方とは?


5.枕なしで寝ると首が安定するがおすすめしない理由



6.首側が高い凹凸枕や、横向きが高い枕はいいんですか?



7.巻き肩を直すいい寝方や枕はありますか?


8.坐骨神経痛に良い寝方|枕の有効性を説明します


9.右肩甲骨・左肩甲骨の痛みはそれぞれ左右の首が原因?




10.寝ている時、起きた時の足・膝・関節の痛みの原因と寝方について



「快適な睡眠の雑学」