コラム詳細

会社などで昼寝をするときはどうしたらいいの?

首にやさしいお昼寝

今回は昼寝の時の枕はどうすればいいのという質問に回答していきたいと思います。

まずそもそも昼寝とか仮眠とか これはいいことなのでしょうか。私は昼寝や仮眠は疲労回復の為にとても良いと考えています。

できれば15分から20分くらいが適切な時間。それ以上短くても長くても逆効果になることがありますので、まあ10分から20分の間15分ぐらいが適切なのではないかと考えています。

しかし、ここで重要なのはその仮眠や昼寝の時の首の姿勢です。首の姿勢が悪いと逆効果になります。


ですからどんなにデスクで寝るときも、電車の中で寝てしまうときも、首の姿勢には注意しなければなりません。

デスクで昼寝をするときの注意についてお話したいと思います。結論から言うとデスクで寝る時は必ずこのように物を使って、道具を使って安全に寝ることをお勧めしています。


このように適切なデスク用枕を使わないで寝たときにどんなことが起こってしまったかについてお話をします。

15年前・・・診療が終わって夜クタクタにくたびれていて、でもそれでも残務の書類片付けなきゃいけないという時に、私は15分だけちょっと仮眠をしようと思いました。

何も周りにいなかったので自分の腕を枕にしてこのようにして寝てしまったんです。

はっと気がつくと、15分のつもりが2時間以上長く眠ってしまっていました。


何より驚いたのは私の右手がだらーんとなって、なんと手が持ち上がらなく指が持ち上がらなくなっていたんです。

これは、後骨間神経麻痺、橈骨神経麻痺というのの一つの症状なんです。

要は重たい頭で橈骨神経という神経の一部分を圧迫してしまったために、神経が麻痺して手が動かなくなってしまったんですね。


これは決して珍しいことではなく、1年間に私が外来をやっていても時々そういう患者様がいて、

寝ていて手すりに捕まったまま自分の手を圧迫してしまったとか、新婚旅行に行って奥さんの頭の下に置いていた手がしびれてしまってこの同様の症状が起きてしまったとか、

様々な腕を圧迫することによって起こるポピュラーな神経の障害なんです。

この神経麻痺が起こると長い間、大変日常生活に支障ができます。例えば手が持ち上がらないので物を持ったり、何か動作をする事は非常に困難です。

治療としてはビタミン剤を飲むとか、強いステロイド剤を飲むとか、それでも手が動かない場合にはリハビリテーションや装具といってプラスチックの当て物をしてなんとか手を固定して仕事をするようにしますが大変困難であり、その症状がいつまで続くのかもわかりません。

1ヶ月~2ヶ月、ひどい人だと半年ぐらいその症状が治らないこともあります。幸いにして私は2~3カ月で症状が良くなりました。


この体験を基に私は決して自分の腕を枕に寝てはいけないということを、教訓を胸に刻みました。

ですので塗るときは必ず道具を使って仮眠をすること。本やタオル、もしくは首枕を巻くことによって首がグラグラ不安定にならない状態を作って眠ることがとても神経を痛めないために重要です。

たかが仮眠、されど仮眠、ぜひ首に良い姿勢で仮眠を取ってください。


今日はこのモデルさんに高さを合わせたデスク用の仮眠用枕をご紹介します。

大事なことは椅子に座ったまま少し前かがみになって、首がぐんと下がらないようにするためにこの適切な高さが必要になります。

ご身長、座高、また椅子の高さによってこの高さが変わってくるんですが、だいたいこのぐらいの高さに合わせて一旦こうタオルを上に乗せます。

手を前に組んでいただいて、軽く手を抱きかかえるようにして、そして顎や顔、おでこではなく右か左の頬のあたりをタオルに当たるようにしてみてください。


山田:どうですか?

モデル:ちょっとつらいです。

山田:確かに首の角度がまだ少し足りない、低すぎる。それとタオルが薄いので硬く感じるかもしれません。

   失礼します。そんな時はタオルを3つに折って少し厚くします。はい、もう一度やってみてください。今度はどうですか?

モデル:さっきよりは楽になりました。

これ横から見ていただくとですね、首が頭が落ちて唸られないようにすること。


適度な首のカーブ、自分がリラックスするな、楽だなと思える高さにしていただいて、表面をできれば少し厚めのタオルにしていただくと頬の当たり感もいいと思います。

このように低すぎると首の神経が突っ張ってしまって結局、枕をしていてもリラックス状態になりません。

適切な高さを追加していくことによって自分に合ったデスク用の枕これを整えてみてください。


また、電車や乗り物の中で寝てしまう時は、首がガクンとなってハッと気がついて目が覚めるなんてことはないでしょうか。

そんな時にはこの首枕が有効です。

もし、首枕を持っていない方でもタオルをこのように短冊に折ることによって首枕の代わりができます。


首枕は首のサイド、耳の後ろ辺りから巻いて2回ほど巻きましてマジックで留めます。

山田:どうですか?首安定しますか?

モデル:楽です。

この首枕を装着すると、たとえ揺れている電車の中でも首が安定すること。

また、完全に眠ってしまった場合でも、首がガクーンと揺れたり、神経を挟むことがありませんので安全に仮眠ができます。


長時間乗り物に乗るとき、また毎日の通勤でもぜひ首枕を愛用をいただいて、仮眠の時にも首の神経を傷つけないように注意しましょう。


おすすめ関連コラム

 昼寝・小休憩には「膝下枕」がおすすめ!

 山田朱織のタオル首枕のポイントや作り方をご説明します

 腰痛の方必見!腰枕のすゝめ


 「快適な睡眠の雑学」