コラム詳細

山田朱織のタオル首枕のポイントや作り方をご説明します|タオル首枕でコリをとる

主婦と生活社から発売しております16号整形外科院長、山田朱織枕研究所代表の山田朱織の書籍「タオル首枕でコリをとる!」から出版社の許可を受けましてタオル首枕のポイントや作り方についてご説明をいたします。


タオル首枕のポイント

ポイント1:首をしっかり支える

ポイント2:いい姿勢に修正

ポイント3:保温効果


重い頭を支える首は、小さな椎骨が連なってできた首の骨と筋肉だけでできています。そんな、か細く不安定な首の負担をスポーツタオルで作る首枕で、しっかりとサポートします。

タオル首枕の特徴

・輪ゴムでしっかり止めて、形が崩れない。

・綿100%のタオルなら、通気性や吸水性にもすぐれている。

・タオルなので、洗濯も簡単。

用意するもの

スポーツタオル(長さが90~130cm)

家庭用輪ゴム2本

首枕の効き目のポイントは、タオルで首を2周巻くことです。タオルの、厚みや素材感を確認しながら、首枕を作るスポーツタオルを選びましょう。通常のフェイスタオルでは短かったり、薄すぎたりする場合があるので、適しません。厚みのしっかりしたスポーツタオルがおすすめです。

タオル首枕の作り方、巻き方(輪ゴム2本タイプ)

輪ゴム2本を使うと、しっかり止まって安定性がアップします。ゆるく巻きすぎたり、きつく巻き過ぎると、効き目がありません。巻き終わりには、首枕の下に指を縦に1本入れて確認しましょう。

あごがタオル首枕の上にしっかりとのっているのを確認する。首の動きやすさの目安として、のど元に縦に指が1本入るのがポイント。

輪ゴムなしで作る!応急処置首枕!(輪ゴムなしタイプ)

輪ゴムがない場合には、タオルだけで首枕を作ることができます。応急処置タイプの簡易タオル首枕です。

※輪ゴムなしでも、短時間の使用なら大丈夫ですが、長時間の使用の場合は、輪ゴム2本でしっかり止めましょう。