自宅でできる手作り玄関マット枕(NHKガッテン!で紹介された座布団とバスタオルで作る枕)

正しい枕の3大条件
1.ジャストサイズ
2.フラット構造
3.メンテナンス

これらの条件を満たして、初めて、理想の寝返りが打てるようになります。つまり、正しい睡眠姿勢のためには、これらの条件を満たした枕を使用するのがベストなのです。

オーダーメイド枕の整形外科枕は、これらの条件にピッタリ合っているのですが、「忙しくて計測に行けない」「計測の予約日まで待てない」という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、是非、この玄関マット枕(もしくは座布団枕)を試してみてはいかがでしょうか。玄関マット枕は16号整形外科の院長である山田朱織医師が枕外来を通じて患者様の頸椎治療のために考案したものです。

この玄関マット枕は以前、NHKガッテン!にて「ガッテン流・手作り快眠枕」の作り方として紹介されました。その際は、座布団とバスタオルで作る枕をご紹介頂きました。ただ、座布団枕には注意点がありまして、座布団の中でも柔らかいものでは駄目でして、硬い座布団を使わないといけませんでした。ですので、テレビでは「かための座布団」としてご紹介頂いたのですが、その後当院・当社にて指導をしていく中で、現代では座布団も柔らかいものが増えてきてしまい、なかなか座布団での指導が難しくなってきてしまった経緯があり、近年では座布団の代わりに、玄関マット、バスタオルの代わりにタオルケットを使っての指導(枕外来)に統一しております。玄関マットとタオルケットを使うことによって、硬さを維持できる手作りの枕ができるようになったのです。

NHKガッテン!では解禁!腰痛患者の8割が改善する最新メソッドの回でも「寝返りを増やして腰痛解消!快眠枕の作り方」として「かための座布団」「バスタオル」で作る手作り枕をご紹介頂きました。

この手作りの枕の考え方は、山田朱織の父であり整形外科医の熊谷日出丸先生が1972年には東京都町田市に成瀬整形外科を開業し、外来の患者様に指導を行っておりました。それを引き継ぎ、改善を加えて現在に至ります。
また、計測方法は、「マクラの高さの調整方法」(特許第4024152号)という特許を取得しております。

以下では玄関マットとタオルケットを使った計測方法・作成方法をご紹介しますが、ご自宅にかための座布団があれば、座布団とバスタオルでの計測・作成も可能です。ご自宅にある素材を上手に活用し、手作りの枕を作ってみてください。

玄関マット枕計測の方法

毛足が短くて裏地のついた玄関マット(60×90cm程度)タオルケットをご用意ください。玄関マットの代わりに、固くなった座布団を使っても構いません。

玄関マットとタオルケットをご用意ください

玄関マットは蛇腹(Z型)に三つ折りにして使用します。

枕の角は出来るだけ直角に

玄関マットの上に、端を揃えて丁寧に折り畳んだタオルケットを重ねてください。このとき、枕の角は出来るだけ直角にしてください。
次に、肩口にしっかり枕を当てて寝てみます。そしてタオルケットを1枚1枚めくりながら、自分に合った高さに調節します。

顔の中心から首、腰までの軸が一直線

力を抜いて横向きになったときに、顔の中心線が布団と平行になるようにしてください。

15度の角度PHOTO

仰向けに寝てみて喉や首筋に圧迫感がなく、後頭部から肩にかけて力が抜けている状態が良い高さです。
手を胸の前でクロスし、寝返りが左右スムーズに打てるか確認してみましょう。
動画でも作成方法を公開しておりますのでどうぞご覧ください。
玄関マット枕の歴史や思いなどについてもこちらでご覧いただけます。(10:42からは上記と同じ動画となります)

オーダーメイド枕の「整形外科枕」の原点

実は、この玄関マット枕計測法を基に、研究と改良を重ねた物、それが整形外科枕計測法なのです。いわば、この玄関マット枕は整形外科枕の原点。是非、その「正しい枕」を実感してみてください。

オーダーメイド枕の整形外科枕の計測でも同じ理論を使って計測しています。
整形外科枕完全対面計測の流れ

ご注意

この玄関マット枕は、正しい枕の3大条件の「3.メンテナンス」性でやや弱い面があります。

玄関マットにせよ座布団にせよ、使い続けているうちに、どうしてもへたってきてしまい、せっかく合わせた「ちょうど良い高さ」がずれていってしまうのです。ご使用の際は、定期的に高さを合わせ直すように気を付けてください。

よくあるご質問

Q:どうして玄関マットがいいのでしょうか?
A:一定の硬さがあるためです。特に玄関マットは裏地がついているものをお勧めします。

Q:座布団でもいいのでしょうか?
A:硬くなった座布団はとてもいいのですが、近年そのような座布団がご自宅にないことも多く、現在は玄関マットでご説明しております。(もちろん、ご自宅に硬くなった座布団があればお使いください)

Q:整形外科枕と玄関マット枕はどっちがいいのでしょうか?
A:違いについての比較表を下記に表示しましたのでぜひご覧ください。
玄関マット枕は多くの方に安価に正しい枕の考え方を理解してもらえることにつながりますし、整形外科枕は素材やメンテナンスも含めて一番よい状態を責任を持ってご提供できると考えております。

より詳しく知りたい方へ

16号整形外科(神奈川県相模原市 院長:山田朱織)の枕外来では、頸椎治療の一環として専門である睡眠姿勢の指導と枕の治療に、特に力を入れています。その中で、玄関マット枕の作成指導をしています。

玄関マット枕の指導には、ご自身で素材をご用意頂くことと、何度かご受診頂く必要がございます。

玄関マット枕の指導をうけることができる16号整形外科ホームページはこちら  >>

16号整形外科外観

玄関マット枕と整形外科枕の違い

ご自身で作製される玄関マット枕と整形外科枕の違いについてそれぞれの特徴を表にしてみましたので、ぜひご確認ください。どちらの枕も同じ理論で作成することが可能です。16号整形外科で行っている枕外来は玄関マット枕の作成指導がありますが、ご自身で作製するということには変わりありません。

比較内容 玄関マット枕 整形外科枕
材料 玄関マット、タオルケット 厳選された素材
入手方法 自分で準備 山田朱織枕研究所が準備
測定者 ご自身 枕診断士®(有資格者)
比較 つぶれやすい、崩れやすい つぶれにくい、崩れにくい
場所 ご自宅 山田朱織枕研究所・サポート
メンテナンス 自己調整 枕診断士(調整時にはサポート予約が必要)
メンテナンス期間 毎日自分で 会員ご入会から2年毎にご案内
作成後の相談 特になし 電話・メールでの相談も可、枕診断士による直接サポート
価格 材料費(自宅に材料がなければ) 有料(商品概要・価格をご確認ください。)
再調整料 特になし 会員無料、別途素材代がかかります。
計測日 特になし お申込みから数か月後
お渡し日 ご自身で作成した日 計測から約1週間後

玄関マット枕を使って症状が改善した患者様からのお手紙

福岡県在住の51歳主婦の方からこんな嬉しいお手紙を頂戴しました。ありがとうございます。大変励みになります。従業員一同より一層多くの方へ枕の力を伝えていきたいと思っております。

拝啓厳寒の候、山田先生におかれましては、ますますご健勝にてご活躍のことと存じます。さて、初めて突然お手紙を差し上げます失礼をお許しください。私は福岡県に住んでおります五十一歳の主婦です。この度、山田先生がご出演されていた、予約殺到のスゴ腕の専門外来SP!6を拝見し、先生の紹介くださった枕を試したその翌日から三年間患っていた首・肩・腕の痛みから解放され、嬉しくてありがたくて、一筆差し上げた次第です。私は三年前に左耳の突発性難聴から難聴になり、その直後から、酷い首から肩の痛みに苦しんでいました。左腕を上げようとすると水平から上はビリビリと痛みが走り、垂直には上がりませんでした。鍼に行ったり、整形外科に行ったり、カイロプラクティスに行ったりと、あらゆる所で色々な治療を試してみましたが治らず、三日に一回はモーラステープを貼って痛みを凌いでおりました。オーダーメイドの枕を購入したり、バスタオル枕を使ったりもしましたが、ダメでした。朝起きると、今日はどの位痛いのか、日中もどんよりとした気分で過ごす毎日でした。主人や子供に三日に一度貼る事を頼まなければならない事を心苦しく思いながら、一生モーラステープとつきあっていくものだと諦めておりました。ところが、先生の教えてくださった枕に替えた翌日から首・肩の痛みがウソのように消えたのです!とても軽くなり、朝起きるとすっきりしています。先生の枕をはじめて十日になりますが、左腕は垂直に上げるとまだ多少の痛みはありますが、垂直まで上がるようになりました。ビリビリする痛みはなくなりました。なにより、日中のどんよりした痛みから解放され、モーラステープともさよならする事ができたのです!山田先生には感謝しても感謝しきれません。本当に先生のおかげです。ありがとうございました。私事ですが、現在高校一年生の愚息は医師を目指して毎日頑張っております。山田先生のような、苦しむ患者を救える医師になってくれる事を願う毎日です。略儀なら、書中をもちまして御礼申し上げます。末筆となりましたが、山田先生のご健康を念じ上げ、ますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。敬白平成二十八年一月二十日 山田朱織院長先生

オーダーメイド枕の整形外科枕のお客様の声もぜひご覧ください >>