2017.11.09 メディア情報

寝る姿勢、枕の形は誤嚥性肺炎の予防にもなる|池袋大谷クリニック院長大谷義夫先生にご紹介いただきました。

2017年11月9日(木)発行の池袋大谷クリニック院長の大谷義夫先生著「65歳からの誤嚥性肺炎のケアと予防: 9割の人は持病では死なない!」にて、「寝る姿勢、枕の形は誤嚥性肺炎の予防にもなる」として当社のオーダーメイド枕「整形外科枕」をご紹介いただきました。

本文では、頚椎症の痛みから、うつ伏せで寝て誤嚥性肺炎を繰り返したものの、枕を替えて仰向きで寝るようにしたら改善した患者さんの症例をご紹介されております。

ぜひ本書をお手に取ってご覧ください。

コメントを残す

*