コラム詳細

ラガーマン(ラグビー選手)に愛されるオーダーメイド枕、寝具

日本中を熱狂の渦に巻き込んだラグビーワールドカップ2019。山田朱織枕研究所では、そのワールドカップ前から多くのラグビー選手にオーダーメイド枕「整形外科枕」をご提供して参りました。

(キヤノンイーグルス田中史朗選手)

(パナソニックワイルドナイツ松田力也選手)

「整形外科枕」は他にもプロ野球選手やJリーグ選手にもご愛用頂いていますが、特にラグビー選手には大変ご好評を頂いております。お使いくださった選手が「寝違えることもなくなって睡眠の質が上がりラグビーのパフォーマンス向上に繋がっている」「遠征に行く時は必ず持って行っていて手放せない」とおっしゃってくださいます。「でも、ラグビー選手から特にそういう感想を頂けるのはなぜだろう?」と思って少し調べてみると分かったことがあります。トップリーグ選手のみなさんは元々体格に恵まれている方が多いですが、その上、鋼のようなカラダを作り上げていることもあり、計測してみるとみなさんの枕高はほとんど95mm以上という結果でした。「95mm以上」と言ってもピンとこないかもしれませんが、当社の数万件の計測データによると成人男性の枕高の平均値は75mmで、95mm以上というのは全体の1%にも満たないのです。ですので95mm以上の高さの枕は市販品ではおそらくほとんどなく、他社のオーダーメイド枕でもほとんど存在しない仕様なのではないでしょうか。実際に選手の方々が口にされるのが「いままでは枕を2個重ねて使っていたんだけど、朝起きると崩れてしまってて」といったお話でした。当社の「整形外科枕」は構造上どんな高さの枕も作成可能なので、これが「ラガーマンに愛される枕」となれた一因ではないかと思っています。

これまでに作成し、ご愛用いただいている選手を一部ご紹介させて頂きます。

(キヤノンイーグルス宇佐美和彦選手)

(キヤノンイーグルス嶋田直人選手)

(キヤノンイーグルス吉田光治郎選手)

(日野レッドドルフィンズ園木邦弥選手)

(日野レッドドルフィンズ藤田哲啓選手)

(日野レッドドルフィンズ松井佑太選手)


(キヤノンイーグルス荒井康植選手


(キヤノンイーグルス上原哲選手

キヤノンイーグルス永富健太郎選手


(日野レッドドルフィンズ崩光瑠選手)


(日野レッドドルフィンズ西村雄大選手)


(日野レッドドルフィンズ小野雄貴選手)


(キヤノンイーグルス ヘッドトレーナーの宮崎 智之様)

(ラグビー界のレジェンド キヤノンイーグルス コーチング・コーディネーターの林 雅人様)


(キヤノンイーグルス メディカルトレーナーの北郷健太郎様)

(日野レッドドルフィンズの李淳也選手)


(日野レッドドルフィンズの橋本法史選手)

(日野レッドドルフィンズ染山茂範選手)


(日野レッドドルフィンズ井越慎介選手・小山内健選手)


(日野レッドドルフィンズ ギリース・カカ選手・古川浩太郎選手


(日野レッドドルフィンズ石橋尚也選手・床田聖悟選手)


(キヤノンイーグルス安井龍太選手)


(キヤノンイーグルス南橋直哉選手)


(キヤノンイーグルス高島忍選手・田中真一選手

三菱重工相模原ダイナボアーズ知念雄選手

(横浜キヤノンイーグルス松木勇斗選手


日野レッドドルフィンズの畑田 康太朗選手、広瀬 龍二選手)


日野レッドドルフィンズの田中 秀選手)
日野レッドドルフィンズの中川大毅選手、高野恭二選手)

日野レッドドルフィンズの大内空選手
ヤクルトレビンズの徳重元気選手、石井清選手)
日野レッドドルフィンズの檀野友多郎選手)


これからも沢山のラグビー選手にご提供させて頂き、「整形外科枕」が2023年ラグビーワールドカップでの日本チーム躍進の一助となれることを夢見ています!

  • 「5mmを調整する枕」

    靴は5mm単位で自分のサイズを決めているのに。
    365夜、あなたの首を支えているのは枕だけ。
    医学的研究と臨床経験の中で生まれた当社の計測方法は、
    あなたにジャストフィットする、5mmを調整します。

    オーダーメイド整形外科枕