山田朱織枕研究所

コラム詳細

うつ病、眠れない方には正しい枕を

あなたの不眠、うつの初期症状かもしれません


「うつ病は、自分には関係ない。」そう思う方が多いでしょうが、ちょっと待って下さい。

今や、軽症を含めうつ病は、日本人の4人に1人といわれる時代です。あなたがもし不眠を感じているなら、あなたに関わる問題かもしれません。うつ病とはどのような病気なのかを良く知り、良質な睡眠による心身の回復の重要性を理解して下さい。

うつ病の症状


うつ病の症状は誰もが日常経験する、気持ちが晴れない、面倒くさい、自分は怠け者かなぁなどと感じる、ありふれた症状から始まります。

精神病のように幻覚が見えることも、幻聴が聞こえる事もありません。ちゃんと現実と非現実を区別できるのです。だれにでも起こるごくごくありふれた症状が、ただ、一塊になってやってくる、そして2週間以上続く、それがうつ病なのです。

それは、心身の過労が良質の睡眠によって回復できない状況で悪化する事が多いのです。忙しくて寝る時間がない、心配事や不安で眠れない、もっと単純な睡眠環境や寝具条件の悪さで眠れないこともあります。

うつ病の最も頻度の高い症状が睡眠障害です。実にうつ病の82~100%に見られる症状と言われます。

その睡眠障害のパターンは、比較的寝付きは良いが、早朝3時ぐらいには目が覚めてうつらうつらするだけで眠れなくなる早朝覚醒型、昼間に眠気がくる睡眠過多が多く見られます。頻度第2位は疲労感、第3位は食欲不振、第4位が頭痛・頭重感となります。本当に誰にでもありそうな症状です。

軽症うつ病の徴候に“朝刊シンドローム”というサインがあります。朝、頭ではやらなくてはならないと考えても、身体が動かない状態です。朝刊を読まなきゃ、でもどうも読む気がしない、といった具合です。他人から見ると、「なんだか、朝からだらだらしているなあ」「怠け者!」となるのです。

本人は決して怠けているのではなく、眠れなかったために朝は心のエネルギーが低下して体が動かない、本人が一番つらい状態なのです。

うつ病の治療について


うつ病治療の大原則は、心身の休息と適切な薬物治療です。会社の休みを取ってよく眠ること、そこから治療が始まるのです。

ここで自分の症状を確認しましょう。朝起きて、憂うつな気分だけではなく、首の痛み、肩こり感、頭痛、手のしびれ、ひどい場合は時々寝違えを起こすなど、症状はありませんか?

あなたが使っている不適切な枕が首、背骨に負荷をかけ寝姿勢を悪くし、不眠症状を助長している可能性が大きいのです。まず睡眠の物理的条件としての枕の見直しが必要です。

※もちろん、1ヶ月以上続く慢性的な睡眠障害があれば、うつ病専門医に早期に相談し、適切な抗うつ薬や睡眠薬治療に従うことが最優先です。

整形外科枕のご案内


これらの研究の際に正しい枕として認定されたオーダーメイド枕の整形外科枕をぜひご確認ください。

整形外科枕 商品概要