コラム詳細

肩の痛みは枕で改善されますか?

枕と肩甲部と肩関節

今回は肩の痛みは枕で改善しますかという質問に対して回答していきたいと思います。

まず最初に解剖といって人間の体の中、これは肩関節と肩甲部これが異なる場所であるということを知ってください。

なぜ、その2つが違うかということを知っていただきたいのかというと、それぞれ症状を出す痛みや凝りを出す原因が異なるからです。

肩関節は実際に水の入った袋関節ですが、肩甲部というのは肩甲骨の周囲ですね。これは首の神経が司っている神経の場所なんです。


メカニズムが異なれば治療も異なりますが唯一両方に有効な治療方法があります。

それは寝ている時の枕を自分の体格、体に合わせることです。今回はその具体的な方法も示していきたいと思います。

夜間使う枕が肩関節や肩甲骨に影響を及ぼすのかというとこちらをご覧ください。

山田:いつもどんな枕を使っていますか?

モデル:いつも柔らかい枕を使ってます。

もし、あなたがふかふかの柔らかい枕を使っていたとすると当ててみますね。

実際、これちょっと立ってやっていますが寝た時を想像してみてください。頭がぐらぐらぐらぐら揺れます。

寝てるとき、寝返りを打ったり体が動くと柔らかい枕では首を支えることができないので、首がぐらつくわけです。

そうすると首からの神経が肩甲部に入ってますので、そこが凝ったり痛みが出たり動きにくくなったりという様々な症状が出ます。

一方、柔らかい枕を使うとこれがグーッと枕が潰れた時に肩の関節も圧迫されてしまう。肩関節はヨーヨーのように水が入った袋ですから容易に潰れるわけです。

枕をしてもこの枕がぺちゃんと潰れて肩を支えてくれないとすると、やはり肩の痛みを出す原因になってしまいます。


一方で十分な硬さ高さの枕を使うことによって首が安定するので、首からの神経の障害痛み痺れ凝りなどが起こりません。

一方、寝るときに肩は自然と前に出るのでこの肩幅に合った枕を使うことによって、肩関節そのものの障害も出にくくなるわけです。

首と肩、つまり首からくる肩甲部の症状と肩関節の症状、いずれにも有効なのがこの枕調節なんです。


図に書いて説明してみましょう。

では、こちらに絵を書いて説明してみます。マットレスがあります。これに対して枕を置きます。

この上に人間が頭を乗せて寝た時に、首から肩、そして今度は重たい腰、骨盤ですね。頭を重さ1として肩が3、腰が4、重さの比率はこのようになっています。

頭に対して少し肩は沈むし、骨盤はより重いので沈み込むわけです。


適切なマットの硬さ、枕の高さ、これで頭と身体をしっかり支えられると首が安定しますので、首がグラグラしないので首から肩にかけて、いわゆる先ほどから説明している肩甲部というのが安静に保つことができて、

肩こり、首の痛み、首こり、またひいては手のしびれなど様々な症状を予防することができます。


一方で肩関節、これが適度なマットレスの硬さと適切な枕の高さによって肩に圧迫がかからないと、肩がリラックスして肩の障害が予防できるんです。

この2つ、首と肩甲骨、一方で肩関節、この2つに負担を加えないように枕の高さを調節しマットレスの硬さを調節することで夜間、寝ている間に首から肩甲骨、肩までが障害を受けることはありません。


一人一人の体格に合わせてこの寝具の調節をするということで予防はもちろん、もしあなたが症状が出ているとしてもその症状を寝ている間に回復して朝、体をリセットすることができるんです。

今晩から是非枕の高さ、マットレスの硬さを首、肩、そして肩関節に楽なように調節してみてください。


おすすめ関連コラム


 四十肩・五十肩と枕の関係はあるの?

 6割から7割の方が枕で治療して肩こりが解消しています

 横向きで寝ると腕がしびれるのはどうして?



 「快適な睡眠の雑学」