コラム詳細

夏の夜のエアコンはつけたままが良い?設定温度や寝具の工夫について解説

16号整形外科院長であり山田朱織枕研究所代表の山田朱織(やまだしゅおり)が解説します。

寝苦しい夏の夜を快適に過ごすために

今回は寝苦しい夏の夜、「エアコンを付けたままが寝るのがいいんですか?」また、「その温度は何度なんですか?」という質問を大変多くいただきますので、このホットな話題についてじっくりお話をしたいと思います。

近年は地球温暖化現象もあって夜もずーっと暑くてに寝苦しいということが続いてしまいますよね。

睡眠をうまく取れないと日中の体力も回復しないし、記憶力や何かをやる仕事の能力、こういったことも集中力が欠けてしまってよくないと言われているんですね。

ですので夜なるべく中途で覚醒しないようにぐっすりと眠れるということはとても大事なことなんです。

そのために近年では厚生労働省も含め、エアコンをつけて適切な温度で夜間の室内温度の管理をしましょうということが

言われています。私もその考え方に賛成です。

しかし、一人一人のお家の建て付けであるとか通気性であるとか色々な環境によって適切な温度というのは変わります。

基準となるところをお話しますのであとは個々に微調節をしていただければと考えます。


なぜ「暑い」と寝れないのか


そもそも暑いと寝れない原因は深部温度が関係しています。

人間という動物は深部温度といって体の深いところの温度の管理を自動的に行ってっているんですが、この深部温度が一定量下がらないと眠りに入ることができないと言われているんです。

暑いとどうしても体が火照ってこの深部温度を下げ切ることができないので中々眠りにつけないということが起こります。

また一方で夜中に暑くて目が覚めてしまうパターンもあります。

例えば夜中クーラーが切れて暑くて目が覚めるとか、掛けてたものが体に纏わりついて底の部分に熱を持ってしまって目が覚めるとか色々なパターンがあると思うんですが、夜中の温度管理がうまくいかないと中途覚醒ということも起こってしまいます。


温度は28~29度でつけっぱなしが良い


私が提案したい温度は一晩中大体28~29度を維持できるくらいが良いと思います。

維持するためにはエアコンはつけっぱなしがいいですが、つけっぱなしだと電気代が気になるという方もいらっしゃいますよね。

しかし、節約のためにとタイマーで切れるようにして夜寝ている時に閉め切った環境の中で温度が上がってしまったら、水分が蒸発してと熱中症になってしまうリスクがあるんです。

熱中症になって救急車を呼ぶ、病気になって入院をする、その方がずっとお金もかかりますしなにより命の危険も伴います。

なので予防と思って電気代は惜しまずに夏の間は是非エアコンを使って部屋の温度のコントロールを行って欲しいんです。

最近はでエアコンに多彩な機能が搭載されています。

寝る前はぐっと冷やして26~27度、寝てから先は28~29度に設定を自動でしてくれるようなもの。

また中にAI機能などもあって湿度や温度を管理しながら低コストでエコに温度調節をするようなものもありますので電気代も含めて専門のショップで聞いてみるとよろしいのではないでしょうか。


設定温度でケンカしないための工夫

普段パートナーの方と一緒に寝ているという方もいらっしゃるかと思います。

自分は暑がりだけどパートナーの方は寒がりなんで温度調節が中々難しいというお声も耳にします。

その場合には寝室を分けるということがもしできれば一番ですが中々それはそういうスペースもなかったりしてむづかしいかと思います。

私からのご提案としては暑がりの方に合わせて温度を設定して、寒がりの方は少し掛物を厚くする。

寝返りという観点から見ても同じベッドマットレスの上で寝るにしても掛物は一人一人が掛けて寝たほうが寝返りも打ちやすく熟睡できると考えています。

また寝間着を長袖や長ズボンのものにして体感が冷えないようにしてみるのもよろしいのではないでしょうか。

掛物や寝間着といった寝具でのプラスアルファの調節も試してみてください。

是非、夏の寝苦しい夜を快適に過ごしていただけるようにエアコンの使い方や寝具の工夫を試してみてください。


睡眠姿勢をよくすることも忘れないでください

お部屋の温度を快適にしていても、睡眠姿勢が悪ければ良い睡眠はとれません。

睡眠姿勢を整えるうえでまずは枕がお体に合っていることが重要です。

枕が合っていなければ首の姿勢が悪くなり神経を痛めてしまったり、寝返りが打ちづらくなるので体液循環がうまくいかなくなり体の下に熱がこもって体温調節がうまくできなくなったりするのです。

体に合った枕とは・・・

・高さが合っていること

・適度に硬さがあること

・凹凸がなく平らな形であること

このような条件を満たした枕を使うことが重要です。

エアコン設定で快適にしても夜寝づらかったり、朝起きた時につらい症状などが出ていると枕が合っていない可能性があります。

その場合には是非枕のほうも見直してみてください。


ドクター考案の『整形外科枕』による症状の改善

山田朱織枕研究所では整形外科枕という、睡眠姿勢によるさまざまな症状の改善を目的としたオーダーメイド枕を提供しています。

整形外科枕は16号整形外科の山田朱織医師監修のもと、開発されました。


枕を作成された5万人のお客様の計測データ、サポートデータを基に、

年齢、性別、身体計測値と枕高との相関について統計解析を用いた研究を行い、研究成果は医学論文として発表ししています。

正しい枕を使用する前と後で症状がどう変わったかを、16号整形外科を受診して、至適まくらを使用して経過観察した410例(男195/女215)、14〜93歳(平均50.5歳)の患者様を対象に調査しました。

結果としては、正しい枕の使用後に、頚椎症状、頭痛、不眠などの症状が改善されています。正しい枕は様々な症状の改善に有効なのです。

肩こり、頚部痛、肩上肢痛、不眠など7割以上の患者様が改善し、手のシビレ、頭痛、めまいなども5割〜6割が改善していました。

適切な枕の高さを是非試してみてください。まずはネットで気軽に購入可能なドクターズピローがおすすめです。


ご自身の体に合わせて高さ調節可能

整形外科枕
ドクターズピローを購入する


本コラムの内容は動画でもお話ししています▼


YouTubeのチャンネル登録で最新情報をお届けします!

おすすめ関連コラム

 寝返りを打つことの重要性|3つの役割について解説します


 疲労回復には、質の良い睡眠が重要!正しい睡眠姿勢で解決を!


 枕が合わない?合っているかの確認方法教えます!




アクセスランキング

1.ある日突然出現した背中の痛み・肩甲骨の痛み。首が原因の背部痛かも知れません


2.朝から頭痛? 寝起きで頭痛、枕の見直しをオススメする理由



3.寝ている時、起きた時の足・膝・関節の痛みの原因と寝方について


4.横向きで寝ると腕がしびれる、寝て起きたら腕が痛いのはどうして?


5.ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因や対処方法・腰を安静にさせる寝方とは?


6.坐骨神経痛に良い寝方・枕の有効性


7.捻挫や骨折などケガをした時の寝方~患部の安静にする枕の使い方~


8.昼寝・座って寝るときはどんな寝方がいいの?


9.巻き肩を直すいい寝方や枕はありますか?


10.枕なしで寝ると楽になることがあるのはなぜ?


「快適な睡眠の雑学」