コラム詳細

マットレスは体全体をしっかり支え、寝返りのしやすいものを

枕を自分に合うものに変えても、マットレスが今イチだと正しい寝姿勢を維持できません。硬すぎても柔らかすぎても背骨に負担がかかってしまい、結果首にも負担がかかります。腰が沈まない硬さのものを選び、良い寝返りをうちましょう。

適切な硬さ

頭は枕に、肩はマットに支えられ、腰は少し沈み、背骨が自然なカーブを描きます。体圧分散と体圧保持が同時にでき、体の1点にかかりがちな圧力を適度に分散します。

柔らかすぎる

柔らかすぎると体が「く」の字に。背骨が曲がり、頭部分との沈み込みに差ができ首に負担がかかってしまいます。腰が沈み込むと、自然な寝返りもうてなくなります。

硬すぎる

硬いと骨盤が持ち上げられ、背骨が逆「く」の字に反ります。腰椎と股関節を結ぶ大腰筋が過度に緊張し、体圧の分散もできず、腰痛の原因に。

出典(ネックササイズ、山田朱織、ワニブックス)