コラム詳細

掛け布団はどのようなものが良いですか?|整形外科医山田朱織


冬の掛け布団の3大条件についてお話をします。

掛け布団の良い条件とは

1、軽い

2、纏わりつかない

3、保温性に優れている

この3つです。この条件を揃えると単に暖かいだけではなく、寝ている間に寝返りがスムーズに打つことができてぐっすりと眠ることができます。

逆に言えば、布団が重くて体に纏わり付く、通気性や保温性がない。このような布団はダメです。毛布などもそうです。

ではこれから実際に良い睡眠環境と悪い睡眠環境、掛け布団、敷き布団、枕の条件、これを見てみましょう。

まず悪い条件から見てみます。ふかふかして自分の体に合っていない枕と、カバーをかけた重い掛け布団。さらに毛布を中にかけてしまうともっと条件は悪くなります。


ではモデルさん寝返りをしてみてください。


このように寝返りをしようと思っても布団が重いとなかなか寝返りが打てません。そして体の後ろに布団が入り込んでしまうとさらに寝返りがしにくくなります。

このままの状態が長く続くと肩や首をひねるので、朝起きたときから体が痛い熟睡感がないというような不具合を感じます。

ではさらに毛布をかけてみます。


毛布と掛け布団の間で摩擦抵抗が高くなってよりスムーズに動くことができなくなります。

寝巻きと毛布、毛布と掛け布団、この間の摩擦抵抗が大きくなればなるほど、布団が重くなればなるほど寝返りが打ちにくくなります。では寝返りを打ってみてください。

モデル:手も足も動かしにくい感じですかねぇ。縛られている感じです。


このように中の毛布がぐちゃぐちゃになって、体に纏わりついて腕も脚も非常に動かしにくいという状態が起こってしまいます。

それでは、枕を一人一人の体に合った状態に適切に調節し、さらに掛け布団を良い条件に変えてみましょう。

軽くて掛け布団カバーがない状態の布団にしてみると非常に寝返りが打ちやすくなります。では実際に寝返りを打ってみてください。

モデル:軽いですねー。ころっと寝返りがうてますね。


このようにふわっとした羽毛布団というのは身体の動きを妨げないように、ふわーっと空中に浮いて保温性も高いのですが、体に纏わりつきにくい状態ができます。

ポイント

・枕の高さを整える

・掛け布団を1枚で使う(1枚で使うからこそ温かいものを選ぶ)

・掛け布団カバーをかけない


また、どうしてももう一枚毛布をかけたい場合には掛け布団の上から毛布をかけます。どうぞ動いてみてください。


先ほどの羽毛布団と一枚の時とどうですか? 

モデル:変わらないですね。

このようにかけ布団の上に毛布をかけていただくとまったく体に纏わりつかなくなります。そしてさらに保温性もアップしますので、こんな使い方をしてみてください。

今日は掛け布団と枕の関係、そして冬に工夫していただくポイントについてお話をしました。


コラム「快適な睡眠の雑学」をご用意しております。ぜひご覧ください。

整形外科枕のご案内

山田朱織枕研究所が開発した、オーダーメイド枕の整形外科枕をぜひご検討ください。

整形外科枕 商品概要