山田朱織枕研究所

コラム詳細

いびきの原因は低すぎる枕、高すぎる枕かも

いびきと枕の関係


日本のいびき症の人数は、2000万人ともいわれています。そして、一般的に高い枕をするといびきをかく、枕は低い方がいい、枕なしで寝ればいびきをかかない、と全く根拠のない情報が信じられています。

確かに高すぎる枕は気道を閉塞して、いびきの原因になります。しかし、低い枕も同様にいびきの原因になります。

適切な枕がいびきに与える影響



興味深い事例があります。適切にあわせた枕の高さから5mm低くすると(整形外科枕は高さ5mmきざみで調節します)いびきをかき、元の適切な高さに戻すとピタッといびきが治まるのです。わずかな高さの違いで、いびきが出るか出ないか決定されるのです。

BMI(ボディ・マス・インデックス=体格指数)の肥満度1~肥満度4の40名を対象として、整形外科枕使用後のいびきの改善を調査しました。この結果、ひとり暮らしではっきりわからず不詳と答えた方を除くと、70%以上がいびきの改善をみました。



このことから、枕の高さがいびきを改善するメカニズムは、単に気道が確保されるという物理的な条件だけでなく、精密な神経の調節機構が関与していることも考えられます。


いびきは自分だけの問題ではなく、家族に迷惑をかけてしまいます


2003年2月に製薬会社のエーザイ(株)が行った、全国の20~30代の既婚女性への調査によると、なんと9割の人が「夫がいびきをかく」と回答。さらに、「夫のいびきを静かにさせたいと思うか」という質問には、妻の8割が何とかしたいと考えているという結果が出ています。

この調査対象の過半数が、低い枕を使用していたと答えました。低すぎる枕により、いびきが発生している可能性を示唆するデータです。この調査を見ても、いびきをかいている本人は自覚がなく、むしろ、妻をはじめベッドパートナーと呼ばれる寝室をともにする人にストレスを与えてしまいます。

あああ

整形外科枕を作り、いびきが改善した方々においては、そのご家族に大変喜ばれています。

疲れがたまっているとき、アルコールを飲んで寝たとき、いびきをかき易くなります。自分に合った適切な枕を使うことで、酔って帰宅した際も、ご家族に迷惑をかけないように、枕を見直してみることをオススメします。

整形外科枕のご案内

これらの研究の際に正しい枕として認定されたオーダーメイド枕の整形外科枕をぜひご確認ください。

整形外科枕 商品概要