コラム詳細

いびきと枕の関係について質問がありましたのでお答えします

いびきの原因や枕との関係性

いびきと枕の関係についてお話をしたいと思います。

いびきをかく方、肥満があってもなくても、体格が大きくても小さくても、その音が大きくても小さくても、私は枕の調節をすることを是非やってください試してくださいという風におすすめしています。

まずいびきが起きる原因ですが鼻、喉この上気道といって気道の中でも特に上部上の方、ここに何らかの狭くなる原因があると吸い込んだ空気が乱気流と言って乱れるため、それが粘膜を振動させていびきが出ると言われています。

これにはさらに様々な原因が考えられます。当然、肥満があって喉まわりにも脂肪がついて空気の通り道が狭くなっていれば、よりいびきは起こりやすいです。でも、肥満がなくてもいびきが起こる方は大勢います。


では、今日もモデルさんに来ていただきましたが

山田:どんなときにいびきが出ますか?

モデル:疲労がたまっているときとか、お酒をかなり飲んだ時、あとは睡眠薬も飲むときがあるんですけどその時はひどいと言われます。


今お話があったように疲労時、アルコールを摂取したとき、そして睡眠薬を服用したとき、こういった時にいびきが起こりやすいとお話がありました。

まさにそうなんです。それらはすべて喉、空気の通り道の周りの筋肉が弛緩、緩んでしまうことによっていびきがより大きくなったり、起こりやすくなったりします。

アルコールはこの口腔内、鼻腔内の血流が良くなることによって、よりそこを狭めていびきが起こりやすいとも言われています。

ここで忘れてはならないのがもう一つ、睡眠のときの姿勢なんです。

私も睡眠学会というところで沢山の講演を聞いてきました。

多くの研究者の先生たちがこの姿勢について研究して世界的にも一般的に言われているのは、横向きに寝ましょう。

横向き寝をするといびきが起こりにくい、無呼吸が起こりにくい。

一方で上向きで寝てしまうといびきや無呼吸が起こりやすいという考え方です。

これは一理あるのですが私はその根本的な考え方を見直す必要があるのではないかと考えています。

要は横向きだから気道が通る、上向きだから呼吸が詰まるだけではなく、上向けになっても呼吸が詰まらないように、いびきが出ないように枕を適切に整えることをしてはどうでしょうかという提案です。

このように体に合わない高さ硬さの枕を使っていると喉が圧迫されませんか喉が今詰まってます。

顎が落ちる、喉に軟口蓋のところが落ちる、首が緊張する。

様々な原因で呼吸の通り道、鼻からの気流これが入りにくくなってしまうんです。


この状態で苦しいですが横を向いてみてください。

もし、横向きをすることですべてが解消するのであればこのように横向きになったら呼吸が楽になるはずですが

山田:どうですか?

モデル:横向きでも苦しいですね。

横向きでも決して気道が広がっているわけではないので同様に苦しいということが起こります。


では、これを適切な枕に変えてみます。上向きです。

山田:上向きで喉の通り、呼吸の感じはどうですか?

モデル:すーっと息が通ります。

鼻から吸った息が喉を通って気道を通る。この通り道が解剖学的に楽な状態で広がれば上向きでもいびきが起こりにくい環境を作ることができるんです。


山田:横向きもしてみましょう。横向きになっても呼吸いかがですか?

モデル:横向きでも息が楽です。

このように上向き横向き両方の高さを、両方の高さがどちらとも適合するよう枕の高さを調節することによって、夜中にどんな向きになっても呼吸が苦しくない、いびきが起こりにくい環境を作ることが重要だと考えています。


今日は枕といびきの関係を見てきました。どんな枕がいびきにとって有効な枕かと聞かれても、それを一言で言うことは難しいです。

私は高さを硬さを一人一人の体の個人に合わせることによって、適切な枕を使っていびきが改善するかどうかをまず第一に見ることが重要だと考えています。

いびきの原因によって治療は様々です。しかし、枕を整えて眠るという行為は今晩からできますしとても簡単な事です。

言ってみれば睡眠のためのインフラそこを整えるだけのことです。

何も悪いことは起こらないのでまずそこからスタートしていただいて、それでもいびきが軽くならない、より大きくなってしまう、毎日つらい、そういったことがあれば専門の耳鼻科や呼吸器内科などでご相談になるのが良いのではないでしょうか。

最も簡単なことでも条件が悪ければいびきが大きくなる、それが枕なんです。枕を整えることからスタートしてください。

おすすめ関連コラム

 いびきと枕の高さと硬さの関係性

 枕なしで寝ると楽になることがあるのはなぜ?

 枕の素材の選び方、選んではいけない素材とは?

 横向きと上向き、寝返りが打てることが重要です

お体格に合わせたオーダーメイド枕「整形外科枕」のご紹介

整形外科枕のご感想

 「整形外科枕で肩こり、首こり、いびきが改善!」


 「快適な睡眠の雑学」