コラム詳細

ストレートネック対策グッズで首を痛めてしまった!首の痛みの解決方法

16号整形外科院長であり山田朱織枕研究所代表の山田朱織(やまだしゅおり)が解説します。



今回はストレートネック対策グッズと首の痛みとの関係についてご説明したいと考えています。

世の中このストレートネックを改善するために様々なグッズが溢れています。

皆さんも一度や二度ネット上に見たことがあるのではないでしょうか。

首を反らす、反らした首を伸ばすなどまっすぐのストレートネックを何らかのカーブをつけることが良いという風に考えられていて、図でいうとこんな感じのイメージですね。


真っすぐの首をカーブを付けるように頭の下、首の下に何か置いてこの形を矯正するようなグッズなわけです。

こういったものを誤って使ってしまうと、首の悪い患者様だと首がより痛くなったり、手がしびれたり、頭痛が起こったり、様々な首の神経の障害を起こすことがあるので注意が必要です。

短時間のストレッチとして使うのはまだしも、一晩中寝てしまうと夜中そのすごく辛い姿勢を矯正されることによって様々な神経障害が出る恐れがあります。


ストレートネックを治すための商品を使ったら首を痛めてしまった

モデル:先生、最近ストレートネックを治すためになんとかネックピローとかいう商品を買って使ってみたんですけど、かえって痛くなっちゃったんです。手までしびれてきちゃったんですよ。

山田:なんとかネックピローですね。それは首の後ろに何か当てるようなものでしたか?

モデル:首を反らすような固定するような感じです。

山田:わかりました。私も何度かこういったものを見たことがあるんですが、それを一晩中使ってしまった形ですか?

モデル:一晩使って寝てみたんですけど、朝起きた時にかえって痛くなっちゃいました。


山田:分かりました。もしかして怖い病気かなーとか心配しちゃいますよね。

モデル:そうですね。

山田:あのその枕を使っていて手がしびれたなって感じましたが、起き上がってみたらそのしびれはどうなりましたか?

モデル:起き上がったら段々よくなってきました。

山田:寝ているときにその枕を使っていると手がしびれる。

でも、起き上がるとその手はしびれは改善するということであれば、やはりその首の矯正された姿勢が悪いということになります。

なのでそのなんとかネックピローを夜中使ってしまったことが問題だと思います。

要はストレートネックというものを治そうと思って首に過度のカーブをつけるという考え方は、私の考えではとても誤った危険な考え方ということになりますので注意が必要です。


ストレートネックと痛みの関係

山田:ストレートネックという言葉ですが、それはどこか病院で診断されたんですか?

モデル:去年首が痛くて整形外科を受診したんですけど、その時にストレートネックですねって言われました。

山田:ドクターに指摘されたということですね。

モデル:そうなんです。

山田:実はこのような患者様は当院にも結構いらっしゃるんです。


首がレントゲンでストレートであるということと、受診した際に首が痛かったことがあたかも原因と結果のように言われてしまう。

これは私は大きな間違いだと思っています。

実際に近年全世界で様々なストレートネックと首の痛みに関する研究論文が出ていますが、その多くは痛みとストレートネックは関連しないという結果が多いんです。

私自身も2019年からこの痛みとストレートネックの関係を調べてまいりました。

多くの患者様のレントゲンや症状との兼ね合いを見てみると、実はストレートネックだった方が痛みが完全に取れた後もレントゲン的にはストレートのままだったりするわけで、

痛みとストレートネックは直接関係ないのではないかという結論が当院の研究でも出ております。


皆さんが心配しているのは首がまっすぐなこと自体の心配ではなく、自分の首の痛みがもしかしてストレートであることが原因で起こっているのではないかと思うから、

ストレートネックが怖いと考えてしまうのではないでしょうか?

それは私の研究では違うと言えます。

ですのでストレートネックを治すのではなく、首の痛みを治すことがとても大事なんです。

怖いのはストレートネックではありません

首の痛みが続いていること。これを何とかしなければいけない。その方がとっても重要なことなんです。

実際に当院の研究では適切な体格に合った枕を使った時、レントゲンを撮ってみると実際ストレートなんです。

寝るときに適切に症状を改善してくれる枕を使ってレントゲンを撮るとストレートだった。


これは私が多くの患者様のレントゲンやMRIという画像で研究した結果ですので紛れもない事実です。

ですのでストレートネックを治すのではなく首の痛みを治す、そのためにはとても重要なのが夜間寝ている時の姿勢です。


適切な枕で痛みをとる

寝ている時の姿勢は枕で決まってしまいます。

ですので自分の体に合った適切な高さの枕を使うこと。

これを心がけていただければたとえストレートネックがレントゲン的にあったとしても何も怖くはないんです。

ストレートネックという言葉はなんとなく専門用語であったり、響きがちょっと怖いというか一般的には皆さん耳にしたときに何だろう、これって怖い病気かなと思ってしまうかもしれません。

そんなコマーシャルに踊らされることなく、適切な枕を使って首の痛みをとることそこに集中してください。


ドクター考案の『整形外科枕』による症状の改善

山田朱織枕研究所では整形外科枕という、睡眠姿勢によるさまざまな症状の改善を目的としたオーダーメイド枕を提供しています。

整形外科枕は16号整形外科の山田朱織医師監修のもと、開発されました。

寝るときの姿勢は枕で決まってきます。

首の痛み改善のためにも体格に合った適切な枕を使ってください。


ご自身の体に合わせて高さ調節可能

整形外科枕
ドクターズピローを購入する



本コラムの内容は動画でもお話しています▼


YouTubeのチャンネル登録で最新情報をお届けします!

おすすめ関連コラム

 ストレートネックと首の痛みとの関係および枕による症状緩和についてご説明します


 ロール状はダメ?タオル枕の正しい作り方


 頭痛・首痛・肩こりに首枕で首を安定させよう




アクセスランキング

1.ある日突然出現した背中の痛み・肩甲骨の痛み。首が原因の背部痛かも知れません


2.朝から頭痛? 寝起きで頭痛、枕の見直しをオススメする理由



3.寝ている時、起きた時の足・膝・関節の痛みの原因と寝方について


4.横向きで寝ると腕がしびれる、寝て起きたら腕が痛いのはどうして?


5.ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因や対処方法・腰を安静にさせる寝方とは?


6.坐骨神経痛に良い寝方・枕の有効性


7.捻挫や骨折などケガをした時の寝方~患部の安静にする枕の使い方~


8.昼寝・座って寝るときはどんな寝方がいいの?


9.巻き肩を直すいい寝方や枕はありますか?


10.枕なしで寝ると楽になることがあるのはなぜ?


 「快適な睡眠の雑学」