山田朱織枕研究所

コラム詳細

「首、肩、腰の痛みが枕によって改善。笑顔の毎日に感謝」

お客様からの枕感想文(第5回最優秀賞)| 三上晴子様


学生時代に器械体操部に所属していたせいか、当時から首や肩の痛みに悩まされていました。結婚し子供を産んでからは、更に腰痛も加わりました。

11年前に共働きをしている娘夫婦に頼まれ、青森から上京、首、肩、腰の痛みを抱えながらも必死で孫の面倒を見ていた最中の出来事、長時間の庭の草取りをした翌朝、首の痛みで頭を持ち上げることも出来ず両手で顔を支え歩くこと出来ない上、枕に面する後頭部も痛く、寝ることも出来ませんでした。

それからというもの、数多くの病院、整骨院に通いその都度、すすめられるまま、いくつもの枕を購入する「枕ジプシー」の旅が始まりました。しかし、一向に回復の兆しが見られませんでした。
痛みの症状は、日増しに悪化、首の凝りや張り、痛みが更に酷くなり、その影響から肩や腰の痛みで起き上がることも大変な日々が続き、生きる希望すら失いかけていました。

そんな中、昨年5月、何気なくつけたテレビに山田先生直伝の「玄関マット枕」の番組が放映されていました。様々な患者さんとトラブルを一挙に解消された山田先生の神がかったお姿から直観的に「この枕なら、きっと私の苦しみの消える!」と思いました。

テレビを見ながら、今迄の人生に例えると真っ暗闇のトンネルに入ったきり出口がなかなか見つけられなくて手さぐりで探していたら、うっすらと一筋の光が見え、光を頼って行くと白衣を着た女の方が笑顔で立っていました。それは「私について来なさい。あなたの首は私が預かります。首は私が救ってあげます。」と言っているようでした。信じてついて行ったら、太陽の光がキラキラ輝いてようやく出口に出ることが出来ました。その方こそ山田先生でした。

テレビで先生は、「自分の体形に合う枕、首に負担をかけない、首がリラックスできる枕、枕の高さも大事、睡眠中に頸神経が圧迫されてしまうと、起床時から頭痛、首、肩、腰の痛み、手のしびれ等、様々な症状が起きる。良い睡眠とは、1晩に20~30回寝返りがスムーズに行えることです。」と話していました。先生のお話を聞いて、もしかして私も合わない枕を使っているから、こんな事になっているのではないかと思い、早速「玄関マット枕」を作って試しました。枕を頭につけた途端、「あっ!首が楽!寝返りもスムーズ!この枕だったら健康になれる。」と思いました。何という事でしょう。翌朝目が覚めビックリ!9時間も熟睡!今迄は、痛みで一晩に3回目覚めていたのがウソのようです。夜間起床ゼロでした。

先生は「1晩寝ると効果が出ますよ。」と言っていたのが本当でした。

昨年5月25日に16号整形外科の枕外来の予約が出来ました。駅から16号整形外科を目指し歩いて行きました。待ちに待った山田先生にご対面!爽やかな風と共に現れて、にこやかな笑顔で優しく丁寧に症状を聞いてくださいました。カルテに書き込めない程、一気に話してしまい先生も大変だったと思います。首と肩と腰のレントゲンを撮り、「首が原因ですね。椎間板の一部が狭くなって神経に障っている、腰はすべり症です。」

首が原因で身体の不調になっていたことを聞き、首の大切さを知りました。そして、先生は「三上さんの首の骨は丈夫で良い骨ですね。」と言われたのがとても嬉しくて両親感に感謝して、帰路についたのが忘れられません。

7月に「玄関マット枕セミナー」に出席した際、「整形外科枕」を体験させていただきました。頭を枕に付けた途端、「首が楽!寝返りもスムーズで寝心地も抜群!」でした。
この枕だったら、ぐっすり眠れそうと感激しました。診断士さんの説明も丁寧でとても気分爽快、すっかり気に入りました。

後日、「整形外科枕」の予約をしましたら、テレビ出演協力の依頼がありました。喜んで承諾し2日にわたって自宅での取材、撮影、計測の様子等数々の体験をしました。その時、マイクを付けた5年生の孫が「枕を使う前のおばあちゃんは、怒ってばかりでした。枕を使ってからのおばあちゃんは、いつも笑顔の優しいおばあちゃんになりました。」「私も玄関マット枕を毎日使っています。私が19歳の誕生日に整形外科枕をプレゼントして貰えるので、今からとても楽しみにしています。」と答えていました。

11月14日ついに待ちに待った「整形外科枕」が到着。世界でただ一つの私だけの枕にいよいよご対面。箱の中を開けて枕を胸に抱いて時、この枕に出会う迄の苦しさと山田先生親子2代にわたって「枕一筋」に込められた、汗と涙、努力と苦労の賜物のこの枕に出会えることが出来た喜びと、私の首を救って下さってありがとうございます。と感謝の念で涙が込み上げてきました。

使用1か月後、枕と同送された使用状況のハガキを出すと、すぐお礼のメールが届きました。今迄は苦痛と不安で一杯で生きる希望さえ失い孤独な日々でしたのに、これからは、先生をはじめ私の首の健康を見守っていて下さるスタッフがいると思うと一体感が生まれ、とても心強く思いました。
16号整形外科や枕研究所のどの方と接しても優しく山田先生と同じ雰囲気を持っています。先生の分身のように感じます。皆様に会えるのがとても楽しみです。

「整形外科枕」を使って4か月になります。山田先生に救っていただいた首を大切に今日も熟睡、快眠、夜寝るのがとても楽しみで枕に感謝の毎日です。

私は「整形外科枕」に命も首も救われました。この喜びと感謝を忘れず、全世界の方々の首が救われますように心から願っています。

第五回最優秀賞 三上晴子様の感想



※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。