コラム詳細

健康のための体操~実は首には危険かも!?~

間違った体操は首に悪い!?

今回は健康のための体操、実は首が危険というお話をしたいと思います。

山田:こんにちは

モデル:こんにちは

山田:なんか最近、悩んでるという風に聞いたんですけど、何を悩んでるんですか?

モデル:肩こりがあって体操をしたりするんですけど、逆にひどくなったりするんです。

山田:肩こりのために体操しているのに逆に悪くなってしまうってことですか。

モデル:はい。

山田:わかりました。では、その問題点を今日、解決したいと思います。


体操、自分の身体のために良かれと思ってやっている体操でもいくつか盲点があるんです。

この盲点を克服しないと本当に肩こりを治すための体操はできないんです。注意してください。

盲点は4つあります。

その1・体操のタイミング

その2・首の方向

その3・体操のスピード

その4・誰が体操をするのか(自分でするのか、人にされるのか。)

こんなことを一つずつ細かく説明していきたいと思います。


山田:まず、どんなときに体操をしていますか?

モデル:朝起きた時に肩こりがひどくて体操したりします。

山田:もしかして朝起きてすぐに肩こり、体操を行ってしまうという事ですか?

モデル:はい。

これはバツです。なぜなら、朝起きて頭は覚醒していても、体はまだ十分に覚醒していないんです。

そんなときにいきなり体操を始めてしまうと、柔軟に関節節々が動かないので首肩の関節や脊椎骨を痛めてしまい、ひいては神経の障害が出ると単に首が痛いだけではなく、力が入らなくなったり感覚が鈍くなったり様々な弊害が出ます。

なので体操するタイミングはとても大事。一番いいタイミングを教えましょう。

体が起き上がってから小一時間だって、十分に体が温まったら体操を始めてください。

もしくは夜お風呂に入った後、体は温まりますよね。そういった時に、入浴後に体操する。これはストレッチ効果も高くてとても良いですから覚えておいてください。


では、その次首の方向です。

首の方向として絶対にやってはいけないのが真後ろに倒す。斜めに倒す。これが首の神経を痛める角度なんです。

真後ろと斜めに倒すことで大事な神経の根元ここを障害します。もちろん健康な人はどんな方向に動かしていただいても構いません。

しかし、まず倒した時に首が痛いとか、肩から腕がビビッとしびれるとかそんな症状があったらこの方向には体操はしないでください。方向も大事です。


次にやるスピードです。

山田:ちょっとどんな感じで首を回しているかやってもらえますか?

モデル:(ぐるぐるぐるぐる)

山田:はい。有り難うございます。結構ですねやるスピードが早いんですね。

ぐるぐるぐるぐる回してしまったり、そのスピードをぐるぐる加速してしまうようなことをすると、実は瞬間的に首の痛みを起こしてしまう危険性が高いです。


ですのでどんな方も体操する時はゆっくりゆっくりやってください。

もし、ゆっくりやれば途中で「あっおかしい」、「あっ痛くなりそう」と思った瞬間にストップすることができますよね。

ですので、体操はゆっくりゆっくりやること。これがとても大切です。

では、盲点最後です。誰がやるかということ。

山田:首の体操なんですけど、誰がやっていますか?

モデル:肩が辛い時に友達にマッサージしてもらったり、体操を手伝ってもらったりします。

山田:はい。もしかして、人がこんな風に動かしているということですかね。

モデル:はい。

実はこれも危険なんです。体操はあくまで自分で自分のペースで自分の痛くない範囲を徐々に広げていくというやり方でやってほしいと考えています。

人が体操を手伝ってくれたりすると思わぬ方向、思わぬスピードで体操を行ってしまって、気がつくと痛いっていうことが起こらないとも限りません。

ですからあくまで人に手伝ってもらうのではなくて、自分の力、自分のペース、自分のスピードで体操を行うことがとても大事なんです。


もう一度おさらいしてみましょう。体操、首、肩の凝りを和らげるための体操は、あくまで次の4点に注意して行なってください。

そのタイミング、首の方向、体操のスピード、そして自分でやること。

この4つをきちっと踏まえていただければ安全で快適な肩こりを良くする体操ができると考えています。

最後に私の著書ワニブックスから出ている「ネックササイズ」。


ネックは首、ササイズはエクササイズを文字っていますが、ネックササイズということで、朝、昼、晩、首に良いことをしましょう。

この中の46ページに「ネックササイズ~昼編~」としてお昼にやる正しい安全な首の体操が紹介されています。

是非みなさんこんな本も参考にして今日から首の体操をやってみてください。安全に行うことが何より大事です。

おすすめ関連コラム

 首に優しい生活~首をリラックスさせる4つのコツ~

 寝違えが起きるのは枕が原因?

 6割から7割の方が枕で治療して肩こりが解消しています

 頭痛・首痛・肩こりに首枕で首を安定させよう

 首こそ、健康の要!首姿勢を整え肩こりを改善しましょう


 「快適な睡眠の雑学」