自動計測の流れ

完全対面計測と同じ仕様の
整形外科枕がオーダーメイド
いただける「自動計測」

5万人のお客様の計測データから生まれた「自動計測システム」を利用して、身体値(身長や体重、肩幅など)を計測、その数値をもとに整形外科枕をオーダーいただけます。ご購入後、調整が必要となるケースもありますが、「完全対面計測」のご予約を待たずにご購入いただけます。(身体値の適合率は約90%です)ご購入された枕の高さに違和感を感じた場合は、メールや電話でサポート、もしくは、ご来店いただいて調整を無料で行っております。

「自動計測」の計測方法

「自動計測」の計測方法を用いて計測いただく方法です。
オンラインショップでご購入の場合は、下記の手順に沿って身体を計測ください。
「ベース計測」に対応している提携病院では、病院スタッフが計測いたします。

01
計測前チェック

下記のチェックに一つでも当てはまるお客様は、ご体型が一般の方と異なっている可能性があるため、身体データによる枕の高さ決定システムでは誤った枕の高さになってしまう可能性がありますので、自動計測による枕のオーダーメイドは行えません。

  • 自分は猫背だと思う
  • 子供の頃から姿勢が悪い
  • 人に姿勢が悪いと言われる
  • 最近身長が縮んだ
  • 加齢で背中が丸くなった
  • 骨そしょう症で姿勢が悪くなった
  • 骨そしょう症で骨折した経験がある

但し、「枕診断士」による「完全対面計測」を行うことで、枕のオーダーメイド・購入は可能です。
是非「完全対面計測」のご予約をお取りください。

02
計測データ

申込時に、下記の身体データを入力して頂きます。
「肩幅A」「肩幅B」「肩幅C」の三種類の肩幅を肩幅の計測方法に従ってご計測ください。

肩幅計測時の注意点
1.ご家族や友人などに測ってもらいましょう

一人では肩幅を正確に測ることは難しいので、どなたかにご協力頂いて測ってもらうようにしてください。

2.柔らかいメジャーを使いましょう

計測には、紙製・布製の裁縫用メジャーなどを使いましょう。定規や金属製メジャーなどでは正確には測れません。

3.薄着で測りましょう

計測時は、なるべく正確に測れるように、Tシャツ一枚など、薄着で行いましょう。

03
肩幅の計測方法

良い例

地面と水平に測ってください。上から見ると背中を回り込むようになります。

悪い例

横から見ると曲線的になっている

上から見ると直線的になっている

肩幅A

イスに座り、両腕をおろしリラックスした状態で背面から肩幅を測ってください。

肩幅を測る先端は、肩から上腕にカーブする角の部分

横から見た時には、腕の厚みの中心にあたる部分

肩幅B

両腕を胸の前でクロスさせた状態で、肩幅Aと同様に背面から肩幅を測ります。

肩幅を測る先端は肩幅Aの時と同様の位置です。

指の付け根部分が鎖骨に触れるように腕をクロス。
肩には力を入れずにリラックスした状態で。

肩幅C

肩幅Bと同様に両腕を胸の前でクロスさせた状態で、今度は正面から肩幅の直線距離を測ります。

肩幅を測る先端は肩幅Aの時と同様の位置です。喉や手にメジャーが触れてしまう時は、メジャーを少し肩から離しても構わないので、両肩間の直線距離を測るようにしてください。

アフターサポート

自動計測でオーダーメイドいただいた整形外科枕も完全対面計測と同様に、
「ロロジー会員」となり各種のサポートを受けられます。
1年間の商品保証および最長6年間の会員制度がございます。

ロロジー会員の詳細を見る

また、自動計測でご購入後、整形外科枕が初期段階で適合しなかった場合は、
メールや電話でサポート、もしくは、ご来店いただいて調整を無料で行っております。

よくある質問

何か月待ちの枕がなぜすぐできるのですか?

お待たせしてしまっている理由が枕診断士や計測のお部屋のキャパシティの問題なので、どうしても計測を行わせていただくまでにお待たせしてしまっております。自動計測であればひとまず枕をご来店いただかず購入していただくことができますのですぐにお送りすることができるのです。今後は、完全対面計測においてもお待ちいただく期間を短くしていきたいと思っております。

肩幅を測るための柔らかいメジャーがないのですが...

硬い定規などがあるようであれば、まずは紐などで肩幅を測っていただきそれを定規で測るということでできます。もしくは「ご郵送での購入申込(資料請求)」であれば紙製ですが、柔らかいメジャーを同梱してお送りいたします。

肩幅を測るのが難しそうなのですが...

お写真をご参照いただきまして実施していただければ幸いです。基本的には肩幅B>肩幅A>肩幅Cの順に大きな数値になります。あまりにも間違った数値の場合には当社からご連絡を差し上げることもございますが、ご連絡がない場合は正常な範囲内の数値であると考えていただいて結構でございます。

自動計測で購入して枕が合わなかったらどうしたらよいですか?

ご自宅で微調整ができる仕様となっております。そのための調整用アジャスターが同梱されておりますのと、詳しく取扱説明書にて調整方法のご説明を添付しております。またお電話・メールでのアフターサポートも随時お受けしておりますので、お気軽にご連絡ください。さらにはご来店による調整も行っております。会員様として優先的に枠を確保しておりますので、事前にご予約をいただきましてぜひご来店ください。

よくある質問一覧へ

お客様の声

  • はじめは慣れない日が続きましたが、ようやく慣れてきて、朝の目覚めが良くなった気がします。まだ整形外科枕に対して頭や首など、身体を預けきれていないのか、朝時々身体が軽い筋肉痛のような時があります。でも、寝違えたり、首からの気持ち悪さは全くないです。整形外科枕を作って良かったと思っています。現在、頚椎ヘルニアで治療中です。どの枕も合わず、首の痛みからなのか、吐き気があったり、夜眠れなかったりと不調が続いていましたが、だいぶ改善に向かっていると思います。今まで、バスタオルを巻いて寝たり、枕無しで寝ていたので、枕で寝る事に慣れていないので、慣れるのに少し時間がかかると思いますが、悩みに対しては良い方向へと向かっていると思います。整形外科枕を購入してみて良かったと思います。

    自動計測30代女性
  • 今回は前回作った時より整形外科枕の高さが少し増したのと、今までの整形外科枕のへたりが激しかったので、最初手に取ったときは高い感じがしたのですが、実際に使用してみると違和感はまったくなくその晩から熟睡できるようになりました。朝起きたときに、首が痛むことが時々あったのですが、それがほとんどなくなりました。

    自動計測60代女性
  • 枕を買い換えてより頭にきっちり合ってると思います。肩凝りが改善して快適です、毎日が楽しく過ごせてるようです。

    自動計測40代女性
  • 高さ、硬さやフィット感は良いですが、通気性が悪いので、夏場は暑さを感じます。最初は東京に単身赴任している時でしたので、16号整形外科で専門スタッフさんに計測してもらいましたが、今回は少し不安でしたが、自分で計測してネットで注文しました。

    特に違和感なく使用していますが、先日新聞記事で、関西にも提携されている医院があることを知りました。やはり少し高価な枕ですので、自宅近くの専門スタッフに見てもらえば安心ですので、提携先が増えることを期待します。

    自動計測50代男性
  • 以前から首こりに悩まされていて、首から頭部を包み込む柔らかい枕を使っていましたが、寝ていても首や頭部への重さを感じて、起床後もすっきりしませんでした。

    整形外科枕に変え、当初は硬さが少し気になりましたが、使い続けていくうちに、首や頭部への負担が軽減していくことがはっきりと分かりました。昼間に貯まった首こりを感じたまま持ったまま睡眠に入りますが、起床後、完全ではありませんが、首回りが非常に楽になります。

    自動計測40男性
  • 寝返りが打ちやすい。使い心地100点。

    整形外科枕使用前は、寝返りが打てず起きてから体のこわばりが有ったが改善された。

    自動計測50代男性
  • しっくりとなじんで安眠できます。朝起きて手の痺れが酷かったのですが、改善されました。腕の痺れも改善されました。

    自動計測40代女性
  • 長年使用していますが、さすがにへたりが出てきた為、新しく注文しました。

    この枕に変えてから自然に寝返りが出来ている為か、夜中に目が覚める事もほとんど無くなりました。

    中身が素材の違うプレートで構成されている為、長年使用しているとズレが生じてしまいます。

    それ以外は、使用してきた枕の中では間違いなく最高の枕です。

    自動計測20代男性
  • 首の痛みがなくなりました。届いた状態のまま使っていましたが首が痛く、枕の高さが高い気がしてシートを一枚外して使ったところ、首の痛みが無くなりました。

    自動計測50代女性
  • やはり、年数のたった敷布団をかえないといけないと思います。
    肩こり・首こり・腰痛が、起きにくくなりました。
    肩こり・腰痛に関しては、劇的に起きにくくなりました。
    今まで、いくら枕や敷布団を変えても肩こり・腰痛に悩まされていました。
    腰痛に関しては、使用の翌朝から痛みがなく気持ちの良い朝を迎えることができました。
    肩こりは、かなり頑固でダメかなっと思っていましたが、こちらも3日目の朝から症状が軽くなり始め今では、ほぼ無いと言っていいほど改善しました。
    1日中デスクワークでPCと向き合っているので肩、首はいつも凝っています。
    でも、枕を使い朝を迎えるとリセットされるので気持ちよく仕事に向うことができます。
    整形外科枕を作製して良かったと思います。

    自動計測40代女性
お客様の声一覧へ